>  >  > マラソンランナーの「筋肉」は何色?
連載「病理医があかす、知っておきたい「医療のウラ側」」第25回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

マラソンランナーの「筋肉」は何色? ヒントは<赤身魚と白身魚の違い>にある!の画像1
マラソンランナーの「筋肉」は何色?(http://jp.depositphotos.com)

12月5日、ハワイで開催される「ホノルルマラソン」が45周年を迎えるという。1984年から日本航空(JAL)が協賛しており、正式大会名は「JALホノルルマラソン」。近年は、参加者の約半分を日本人ランナーが占めるそうだ。

 秋冬に入ると有名なマラソン大会が催される。私は病理医という職業柄、参加するランナーの「筋肉の色」が頭に浮かぶ。

 「ヒトの脂肪は『黄色い』が、ウシやブタの脂肪は『白い』。なぜだろう?」
 「大脳皮質が『灰白色』をしている理由は?」
 「骨格筋が『赤い』のはなぜ?」

 「臓器の色」は、手術執刀医や病理解剖医が病変の診断を下し、病気の状況を把握する上で極めて大切な情報となる。医学部の授業で、しばしば上記のような質問をするが、正確な答えが返ってくる確率は、残念ながらあまり高くない。

 最後の質問に、次のような補足質問も、私はついしてしまうのである。

 「サンマ、アジ、タイなどの近海魚が白身なのに対して、カツオ、マグロなどの遠海性回遊魚が赤身なのはどうして? 白身の魚では、いわゆる血合いの部分だけがどうして赤いの?」

人体で「色のついた物質」の種類は限られている

 人体で「色のついた物質」の種類は限られている。カラダの元になるタンパク質にせよ、余れば<太鼓腹>や<二重あご>をつくる脂肪にせよ、しょっぱい塩分にせよ、原則としてこれら物質は「白色(溶かせば無色)」である。

 髪の毛やほくろの「黒」は「メラニン」の色だし、赤血球の「赤」は「ヘモグロビン」による。大脳灰白質の「灰白色」は、神経細胞に含まれる「リポフスチン(消耗色素)」に基づく。

 ヒト、トリ、カエルの脂肪が「黄色い」のは、カロチノイド含量が高いためである。「カロチノイドはニンジンやカボチャの皮の色の主役で、水に溶けない脂溶性のビタミンAの仲間。小学校の家庭科でも習うよ」と説明しても、しばしキョトンとする医学生――。

 外来性の「炭粉」やみごとな色彩の「刺青」の色素は別格だ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。