>  >  > 元SMAP3人で裏紅白…大成功が約束されている理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

SMAP

,

ジャニーズ

smapsannin.jpg
画像は、新しい地図公式サイトより

 今年もNHK紅白歌合戦の出場者が発表され、多くの初登場歌手が出場することがわかり若返りをアピールしている。また、ジャニーズグループからはなんと5組も出演することがわかっている。

「本来はV6の出演も予定していたようです。ただ、6組となるとあまりにも多いので、今回はNHKで活躍している井ノ原快彦がコーナーで出演するだけに留めたのだとか」(民放関係者談)

 毎年のことながら司会から出演歌手まで、ジャニーズに頼りっきりの紅白は変わらないのだが、今年は特にその傾向が強いようだ。そんな中、民放各局が毎年チャレンジしている「裏紅白番組」に異変が起きそうだという。

「ここ十年ほどは格闘技が注目を浴び、ダウンタウンの『笑ってはいけないシリーズ』も誕生。しかし、紅白を超えることは当然ありませんでした。ただ、『笑ってはいけないシリーズ』や格闘技が定着する中で、着実に紅白の視聴率が落ちているのは間違いないですよね」(民放関係者談)

 そして、今年更なるサプライズを予定していると噂されるのが、元SMAPの3人だという。

「香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛のAbemaTVで放送した番組が7400万の視聴者数を記録し話題となりましたが、この放送の第二弾を大晦日に予定しているようです」(スポーツ新聞記者談)

 体当たり企画や結婚式など、SMAP時代では絶対に考えられなかった構成で話題となったこの番組。結果も大成功で3人のモチベーションは高いという。また、広告代理店もこの番組の成功を受けてテレビからネットへのシフトを加速しようとしているようだ。

 とはいえ、3人の仕事に関する窓口である会社「CULEN」の社長・飯島三智氏は、紅白の裏番組をAbemaTVで企画しているとの噂を「何も決まっていません」と否定。3人の新規のテレビレギュラー番組についても「オファーも何もありません」と語っているが……。

「AbemaTVは広告代理店であるサイバーエージェントの運営ですから、広告主からの問い合わせがどれだけ来たかを直ぐに確認ができます。実際、『72時間生放送』に関しては内容がわからないからと広告がほとんど入っていませんでした。サイバーエージェントとして付き合いの深いネット系の会社にいくつか広告を出してもらっただけで結果は大赤字。

 しかし、この生放送が大成功したことで、自動車関連や化粧品などナショナルクライアントからの広告出稿の問い合わせが多く来ているという話で、結果的には大成功らしいのです。

関連キーワード

SMAP

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。