>  >  > 史上初太陽系外から飛来した「Oumuamua(オウムアムア)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
【ガチ】葉巻型の小惑星! 史上初太陽系外から飛来した「Oumuamua(オウムアムア)」に監視型UFOの可能性が浮上!の画像1
画像は「Daily Mail」より引用

 10月18日、ハワイ大学のPan-STARRS1望遠鏡が観測に成功した、太陽系の外から飛来した小天体「A/2017 U1」。先月トカナでも報じたばかりだが、ここに来て「A/2017 U1」の正式名称と奇妙すぎる形状が明らかになった。


■太陽系外からの飛来と確定、正式名称が決まる

「A/2017 U1」が注目されたのは、何よりその独特の軌道のためだった。詳しくは過去記事を参照して頂きたいが、太陽系の(便宜的に)真上から突入し、急角度の軌道を描いて抜けて行ったのだ。他の太陽系惑星とは似ても似つかない軌道だったため、太陽系外からやってきた天体ではないかとにわかに話題になった。そして今回、ついに「A/2017 U1」が、ほぼ太陽系外惑星で間違いないことが確証され、正式名称が決まったというわけだ。

【ガチ】葉巻型の小惑星! 史上初太陽系外から飛来した「Oumuamua(オウムアムア)」に監視型UFOの可能性が浮上!の画像2
画像は「Daily Mail」より引用

 英紙「Daily Mail」(20日付)によると、「A/2017 U1」の正式名称は「OUMUAMUA(オウムアムア)」に決定した。これはハワイ語で「初めての使者(first messenger)」を意味するという。

 ハワイ天文学研究所(Institute for Astronomy in Hawaii)のカレン・ミーチ氏は、OUMUAMUAが、「宇宙線の影響を受けた赤っぽい色をしており、太陽系外に見られる物体に似ていること」、「周囲にガスやホコリをまとっていなかったこと」がこれまで明らかになっており、OUMUAMUAが水や氷などのない、岩や金属で形成された密度の高い天体である可能性が高いと指摘している。また、OUMUAMUAは数億年以上も恒星間飛行を続けているとも見積もられている。

関連キーワード

コメント

5:匿名2017年11月25日 23:36 | 返信

>>4

お前が行けよw

4:トランプ大統領2017年11月25日 22:39 | 返信

なんでこう都合よく、そんなものが現れ、太陽付近を通過する何のために?と思うわけだ。飛び方が異常。なんのアピールだ?まるで映画のようだ。ハリウッドは実物を持っているのか?こんな変態な飛び方頭のおかしい奴に決まっている。どうせなら、堂々と降りて来い!って思う。何事も無いのがつまらん。やらせか?クソ宇宙人が!私は戦いたい戦わせろ!来いこっちだ!クソ宇宙人!俺はここだ!来い!オイ!何とかそいつを連れて来れないのか?

3:匿名2017年11月25日 22:15 | 返信

超巨大天体の記事のコメント欄での指示通り、葉巻型小惑星の記事を書いてくれてありがとう。
さすがはTOCANAの解釈だなって笑えた。
でも、いつも書かせてもらってるけど遅いよ。
しっかりしろ!

2:匿名2017年11月25日 20:00 | 返信

数日前に、海外や日本で火球騒ぎがあったろ?
あれは、こいつから撃ち込まれた探査機だったんだよw

1:匿名2017年11月25日 17:55 | 返信

シェパードのウ〇チかと思ったわ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。