>  >  > 薬物中毒で「黒煙のゾンビ」になった男がヤバい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

20171126_drug_01.jpg
画像は、Jordi Bernabeu Farrús Souvid Datta: Documenting Drug Addiction in Kabul /from Flickr CC BY 2.0

 現在、世界中に蔓延しつつある「ゾンビドラッグ(zombie drug)」。使用者は、一時的な快楽を得るとともに意識が朦朧として、その場に倒れ込んだり奇行に走ったりする。その姿はまるでゾンビ! そんな“ゾンビ”の姿を捉えた恐ろしい映像が、海外の過激動画サイト「the YNC.com」に公開されている。

 地面に座り込んでいる1人の男が、体を前後左右に揺らしながら、怪しい動きをしている。彼はゾンビドラッグがキマった後、自らに火をつけてしまったという。その後、(恐らくは周囲の人々の尽力によって)火は完全に消し止められたが、彼は自分の身に何が起こったのかを理解できていない様子。周囲に虚ろな視線を投げかけている。露出した肌のあちこちが変色しており、実に痛々しい。燃やされたゾンビさながらの憐れな姿である。

 この動画の男のように、ゾンビドラッグ中毒者はしばしば悲惨な事件を起こす。特に有名なのは、アメリカで起こったマイアミ・ゾンビ事件である。これは、ゾンビドラッグの一種である「バスソルト」を使用した青年が、精神に異常をきたし、ホームレスの顔面を貪り食っていたところを警官に射殺された、という事件。バスソルトには、メチレンジオキシピロバレロン(MDPV)や4-メチルメトカチノン(メフェドロン)といった化学成分が含まれており、これらが中枢神経を刺激し、時にカニバリズムまで引き起こす。

 他にも、イギリスで社会問題となっている「スパイス」、スペイン語で“美しい女性”を意味する「フラッカ」など、さまざまなゾンビドラッグが存在する。中でもフラッカは現在、南アフリカ共和国の都市ダーバンで流行しつつある。その使用者は体温が上昇し、幻覚と興奮に襲われて危険行為に及ぶ。このことを危惧する南アフリカ犯罪監視委員会の創設者、スティーブン・キング氏は「南アフリカ共和国は、ドラッグとの戦争にまだ勝利していない。そしてフラッカは、対策が講じられないならば、あらゆる悪の中の悪になるだろう」と警鐘を鳴らす。

 キング氏が「悪の中の悪」というほどのフラッカが、どうして世界中に広まっているのか? 理由の一つとして、安価であることが挙げられる。フラッカの1回の使用量は370円程度。コカインの15分の1にも満たない値段で購入できるので、お金のない若者やホームレスでも入手しやすいのだ。そして、一度でもフラッカに手を出した者は、その強力な中毒性により虜となって破滅への道をまっしぐら――。

 これらゾンビドラッグの多くは、インターネットを介して流通し、貧困層や低所得層を中心に浸透していく。ワンコイン以下で味わえる快楽に身を委ねたばかりに、魂を悪魔に奪われてゾンビ化する。これ以上、そんな人々が増えないことを願うばかりだ。
(文=みみずく)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

1:2017/11/29/1800代 kitaku yuuki2017年11月29日 20:20 | 返信

ドラッグってもの凄い強烈な臭いがするから 分かりますよ
奇形児が産まれるなんて可哀想w
想像したら嘔吐しそうだ by GPS郵政 マトリ(レン済)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?