>  >  > ローラ、事務所と泥沼トラブルから起死回生!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ローラ

ROLA1127.jpg
画像は、ローラオフィシャルサイトより

 事態は予想外の展開へ――。雇用契約をめぐり、所属事務所「LIBERA」と大モメしている人気モデルでタレントのローラに、新たな動きが判明した。24日、公式ファンクラブ「ROLA'S FAN CLUB」が、今月いっぱいで解散することが決まったのだ。会員にこの日、メールマガジンで知らせが届いたという。メルマガでは「諸事情により、現在コンテンツの更新を行うことが困難な状況で、再開時期の目処(めど)が立たないため、これ以上ファンの皆様をお待たせする訳にも参りませんので、このような判断に至りました」と説明。年会費の返金などについても触れている。これはローラと所属事務所が仕事を続けることが不可能になったことが原因だ。

 ローラをめぐっては、所属事務所とのトラブルが解決していない段階で、複数のクライアントに代理人を通じて「LIBERAには契約解除を通知した」「これからはこちらに連絡ください」などとする書面を送っていたことも判明。

 一方法的な契約解除通知など認められるはずもなく、今回のファンクラブ解散とともに「いよいよ、ローラも終わりか」と見受けられたが…。

 舞台裏を知る芸能プロ関係者が驚きの最新情報を明かす。「ローラは最大で26社ものクライアントを抱える人気タレント。彼女が終わってしまえば、クライアントは大混乱に陥る。かといって、ローラの一方的な独立宣言を認めるわけにはいかない。そこである大手プロダクションが仲裁に入り、LIBERA側と着地点を見据えた協議に入ったといいます。このままいけば、ローラの電撃移籍、もしくは独立ということでまとまるはずです」

 事実、ローラはファンクラブ解散報道を受け、26日にツイッターで「今、みんなともっと深く楽しく交流できる新しい形を準備しているの」と説明。「発表を楽しみに待っていてください」と新たな〝交流の場〟を設けることを約束した。

「早ければ年内にも一連のトラブルは落ち着くでしょう」とは前出芸能プロ関係者。新たな気持ちで2018年を迎えたいものだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。