>  >  > 奇習! 全裸の集落

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【日本奇習紀行シリーズ】 日本海側

kishu11292_01.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 江戸時代の大黒屋光太夫や、幕末期のジョン万次郎がそうであったように、ひょんなことから漂流し、異国へと流れ着く人々というのは、世界各国、いつの時代にも少なからず存在しているが、実はこの国にも、異国より辿り着いた人々がそのまま定住し、不思議な習慣を持ち込みつつ、子々孫々にわたって自らの血と習慣を受け継いできたケースがあるという。


「まあ、とにかく奇妙な連中だったよ。俺たちとは一切、口も利きやしないし、近づくことさえ避けてたんだから」


 かつて自身が住んでいた日本海側のとある小さな村に隣接する別の集落で暮らしていた人々についてそう証言しはじめたのは、今なお近隣で細々と漁業を営んでいるという中添比呂志さん(仮名・87)。中添さんの話によると、その集落で住んでいた人々は、当時の人々から見たときに、なんとも奇怪な習慣を行っていたという。

「要はね、裸なのよ、いつも。裸でそのへんをフラフラしてるの。だから俺たちはいっつも(その集落のあった土地の)下の方から、そっちの方を見て、本当におかしな連中だなって思っていたもんさ」

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。