>  >  > 糖質制限のオススメおやつ10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

糖質制限中にオススメ! ロカボなおやつ10選~ストレスフリーな糖質制限のためにの画像1
「ダイエットだから間食はダメ」というのは大きな勘違い(http://jp.depositphotos.com)

言葉はそのものは定着したが、まだまだ誤解が多い「糖質制限」。「ダイエットだから間食はダメ」というのは大きな勘違い。実は間食するほうが血糖をコントロールしやすいのだ。

 今回は「低糖質おやつベスト10」と「糖質量」を紹介しよう。ポイントは「ロカボな低糖質おやつ」。なお「炭水化物量」については「糖質と食物繊維の合計量」で、糖質量とほとんど変わらないと考えてよい。

各社がしのぎを削る「低糖質おやつ」

①「大塚製薬『ソイジョイ』」

 主な原材料は大豆粉(ソイ=大豆)。大豆粉は小麦粉より糖質が少ない。しかも、良質なタンパク質がたっぷりと含まれている。12種類ある「ソイジョイ」の糖質量は1本(30g)当たり5.9~13.7gである。

 味のバリエーションが豊富なのも大きな魅力。ザクっとしたナッツ類の食感やフルーツの自然な甘さなどで満足感が大きい。

②「ギリシャヨーグルト」

 クリーミーな味わいのギリシャヨーグルト。1個で贅沢感を味わえる。ミルクを発酵させた後で水切りするため、タンパク質を含む量も多い。

たとえば、森永乳業「濃密ギリシャヨーグルト パルテノ プレーン」の糖質量は1個(100g)で4.2g。ダノン「オイコス 脂肪ゼロプレーン」は1個(110g)で炭水化物量が12.2gである。

③「0カロリーゼリー」

 フルーツ好きに喜ばれているのが0カロリーゼリー。ブルボン「食後の0kcalマスカット味」は1個(160g)で糖質量が10.8gで、たらみ「糖質&カロリー0ナタデココどっさりグレープフルーツ味」は商品名どおり糖質ゼロだ。

 森永製菓「ウイダーinゼリーカロリーゼロ」は甘いピーチ味で、1袋(180g)当たり炭水化物量が11.6g。「ウイダーinゼリーエネルギー」だと炭水化物量が45gなので買い間違えに注意しよう。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。