>  >  > 東北の村に存在した「仕事セックス」の習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

【日本奇習紀行シリーズ】東北地方

kishu203_01.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

 今年9月、兵庫県警の現職警察官(39)が、部下の女性(30)と、あろうことか勤務中に警察署内で性行為に及ぶという、前代未聞の不祥事が発生。すぐさま巷を騒がせることとなったが、何もこうした行為は今に始まったことではないようで、それを示すかのように、かつてこの国には、「仕事中のセックス」を大々的に認める慣習も存在していたのだという。


「そりゃあ、昔は今みたいにいろんな娯楽があったわけじゃないからね。ましてや貧しい下々の人間にとっちゃ、それだけが楽しみだったわけでさ。そういう意味じゃ、ああいう習慣があったのも、頷けるよな(苦笑)」


 かつて自身も体験していたという、「仕事中のセックス」に関する習慣についてそう証言するのは、東北地方のとある寒村で生まれ育ったという岩村善吉さん(仮名・87)。岩村さんの話によると、彼の生まれ故郷では、仕事の合間に性行為を満喫する人々が当たり前のように存在していたという。


「あのあたりじゃ、これといった産業もなくてね。大抵は細々と米や野菜を作ったりしてたんだけれども、それだけじゃ食えないもんだから、山にある小屋で炭を作ったりしたもんでね。けれども、炭づくりというのは、意外と待っている時間が長い作業なもんだから、たいていは手持ち無沙汰になっちまう。けれども、良い塩梅になるまではそこにいなくちゃなんねえもんだからね、そういう時間にさ、嫁さんなんかとコトに及ぶっていう話よ(笑)」

コメント

1:匿名2017年12月29日 15:09 | 返信

東北大地震が原因で廃れた文化だとしたら悲しい

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。