>  >  > “体液ぶっかけ男”は長野五輪銅…女子マラソン原裕美子の万引きも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

原裕美子

,

奥大介

,

植松仁

uematu1204.jpg
画像は、【CBC News】女性に体液 長野五輪銅メダリスト送検/YouTubeより


 人生とは時に残酷なものだ。1998年に開催された長野冬季オリンピックのスケート競技で銅メダルを獲得した植松仁容疑者(43)が先月30日、電車内で女性の足に体液をかけた暴行容疑で愛知県警に逮捕された。県警によると、同容疑者は4月14日午前8時ごろ、名鉄名古屋駅から知立駅に向かう電車内で、乗客の女性(21)の右足甲に体液をかけた疑いが持たれている。女性のストッキングに付着した体液を調べたところ、植松容疑者が浮上したという。

 同容疑者は長野五輪のスピードスケートショートトラック男子500mで銅メダリストを獲得。スケート競技を退いたあとは、2000年に日本競輪学校に特別枠で入学し、競輪選手として活躍した。06年には競輪選手として上位クラスのS級に昇格。その後は肝臓疾患を患ったこともあり思うような成績を残せず、10年10月に引退したが、一流アスリートしての矜持は保った。

 そんな同容疑者が電車内で“ぶっかけ行為”に及んでいたのだから、驚き。しかも警察の調べに「(体液を)出したことは認めるが、かけるつもりはなかった」と前代未聞の供述を展開しているというから、情けない限りだ。

 社会部記者によると、同容疑者は数年前にアスリートのセカンドキャリア支援を目的とした企業を立ち上げ、全国で講演活動などを行っていたが「必ずしも順風満帆というわけではなかったようだ。仕事のストレスを“ぶっかけ行為”で発散していたのかもしれない」という。当局は満員電車を狙った計画性から余罪もあるとみて捜査している。

 同様の転落劇で言えば、陸上の世界選手権女子マラソンの元代表・原裕美子(35)の万引き事件も記憶に新しい。7月30日に栃木県足利市内のコンビニで化粧品や菓子パンなど8点、計2600円相当の商品を万引きした窃盗容疑で逮捕。11月に懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を受けた。初公判で原は現役時代の厳しい体重制限により、暴食しては吐く摂食障害になったと告白。万引きした理由について「お金を払うのが惜しかった」と述べ、事件当時は強いストレス下にあり「早く捕まって楽になりたいと思った」と告白した。

関連キーワード

コメント

3:匿名2017年12月 6日 11:17 | 返信

最後の段落の「奥さん」ってのがDVされた側の女優かと思って一瞬「んっ?」ってなった

2:匿名2017年12月 5日 18:11 | 返信

アスリート=聖人君子と勘違いする方がバカだろ

1:閣下様2017年12月 4日 15:54 | 返信

  
  そもそも「アスリート」等と崇め奉るのが大間違い
  「体育会系バカ」のセカンドキャリアを云々と
  甘やかすからこうなる。

  東京オリンピックに向けて良いおミソがついたね。
  
  

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。