>  > ジェンダー学でまたデタラメ発覚!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
ponytail_04.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 我々が無意識のうちに身につけてしまっている男女に対する社会的規範。“男らしい”黒のランドセルや“女の子らしい”赤のランドセルなどその典型と言えるだろう。ジェンダー学は、そんな無意識の偏見を抉り出す学問として世界中で研究されているが、時には、ただ男性=悪、女性=真理という無批判なイデオロギーを広め、強固にするための「無意味な概念の遊戯」に堕してしまうこともある。


■ジェンダー研究に不正の疑い

ponytail_03.jpg
ニコラ・ゲガン教授「Futura Sciences」より引用

 今年5月にも、米ポートランド州立大学の哲学者ピーター・ボグホシアン教授とジェームズ・リンゼイ教授が、「社会構築物としてのコンセプチュアル・ペニス」という全く無意味なジェンダー論文をでっちあげ、「高品質な査読審査を提供する」と謳う英社会科学ジャーナル「Cogent Social Sciences」に投稿したところ、見事に掲載されてしまったというニュースを報じたばかりだが、なんとまたしても、ジェンダー学の欺瞞が暴かれたというのだ!

 科学ニュースサイト「Ars Technica」(29日付)によると、仏・南ブルターニュ大学の社会心理学者ニコラ・ゲガン教授が行った研究に統計学的に奇妙な点が多数あることが判明したという。

 ゲガン教授は、一般人にも分かりやすいキャッチーでインパクトのある社会実験をしばしば行うことで知られ、その研究の1つである「ハイヒールを履いている女性は男性にとってより性的に見える」は、米高級誌「TIME」(2014年11月19日付)にも取り上げられたほどだ。

 だが今回、米ノースイースタン大学の心理学者ジェームズ・ヘザー博士とオランダ・フローニンゲン大学のニック・ブラウン氏が、たまたま目にしたゲガン教授の研究「男性はポニーテール女性を助けにくい傾向にある」に統計上無視できない点があることに気付いたという。ヘザー博士らは、同研究を目にした当初は“大笑い”したそうだが、小一時間ばかり真剣に精査してみたところ、明らかにおかしなデータであることが数学・統計的に判明したという。

コメント

3:匿名2017年12月13日 11:00 | 返信

ブスのポニーテール VS 美人のお団子ヘアー 
髪型なんかどうでもいい
重要なのは 美人かブスかだろ
 

2:匿名2017年12月 6日 10:29 | 返信

問題の研究者は社会心理学者なのに、なぜジェンダー学だけが標的にされるのか…。
それと記者はジェンダー学を全く理解してない。

1:匿名2017年12月 5日 16:50 | 返信

〇月〇日地球滅亡と記事にするトカナの方が余程デタラメと思うが(爆)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。