>  >  > 北朝鮮のミサイル発射に“法則とメッセージ”判明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
Mars15_1.jpg
画像は「BBC NEWS JAPAN」より引用

 2006年以降、6度にわたる核実験を繰り返し、今年だけで20回以上もミサイルを発射してきた北朝鮮。その軍事力を着実に進歩させ、アメリカからの攻撃に対する核抑止力を手中に収めようとしている。対北強硬姿勢を打ち出すトランプ政権誕生後、米朝の軍事衝突の可能性は高まるばかりだ。

love27486.jpg
Love Me Do氏

 そして11月29日、またも北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」の発射実験を行い、世界を震撼させた。曰く「アメリカ本土全域を攻撃できる」新型のICBMとのこと。トランプ政権は、いよいよ武力行使の選択肢を検討し始めているようだ。しかしそんな時、トカナ編集部に驚くべき一報がもたらされた。なんと北朝鮮のミサイル発射に、“とある法則”に従ったメッセージが込められていることがわかったというのだ!

 北朝鮮ミサイル発射の法則と、そこに秘められたメッセージの解読に成功したという人物、それは11月29日のミサイル発射も適中させた占い芸人Love Me Do氏(通称:ラブちゃん)だ。ラブちゃんはトカナの連載でもお馴染みで、数々の芸能人・スポーツ選手から「当たる!」と評判。占星術・四柱推命・手相・タロット・人相・顔相占い・易などを約20年間学び続けたその実力は、業界でも“あまりにも高すぎてドン引きされるレベル”。これまで東日本大震災や熊本地震、トランプ大統領誕生などを次々的中させてきた。以下、そんなラブちゃんがトカナ編集部だけに明かした驚愕の真実である。


■北のミサイル発射は占星術で決められていた

ラブちゃん  北朝鮮がミサイル発射に込めたメッセージと、それを読み解くための法則とは――ズバリ「占星術」です。彼らは、月・星座・惑星の位置関係を緻密に分析&把握し、彼らが最適と判断するタイミングでミサイルを発射しています。


■すべてを物語る月の位相、さらに火星と星座の位置関係

ラブちゃん  たとえば、もっとも新しい11月29日のミサイル発射について考えてみましょう。法則の肝となるのは、発射日の前後数日間における星の位置です。

Mars15_4.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 実は発射の2日前、11月27日は“月の位相”が「上弦の月」となり、11月28日には白道(月の軌道)が天の赤道に達します。北朝鮮のミサイルは、月が「上弦の月」や「下弦の月」、「遠地点(地球から最も遠くはなれている)」や「近地点(地球から最も近くにある)」、さらに「赤緯最南」や「赤緯最北」、そして天の赤道に達するなど、区切りともいうべき位相と前後して発射されています。彼らが月の引力を利用して飛距離を伸ばそうと思っているのか、それとも引力を避けようとしているのか真意はわかりませんが、月の位相を意識していることだけは間違いありません。

コメント

1:匿名2017年12月 7日 18:23 | 返信

早い話オカマちゃんによると1年365日中、約300日は天災人災で危険ってことだなw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。