>  > 米政府が「氷漬けのペンギンの松果体」を爆買い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
【ガチ】米政府が「氷漬けのペンギンの松果体」を爆買い、ウィキリークスが暴露! 目的は一切不明、理学博士がコメント「超能力研究の可能性」の画像1
画像は「Thinkstock」より引用

 情報漏えいサイト「ウィキリークス」が奇妙すぎる機密文書(電報)を公開し、大きな話題となっている。なんと、米国国務省が“ペンギンの松果体”を輸入していたというのだ!

「ウィキリークス」によると、同文書の日付は1973年8月1日。文書の内容は次のようなものだ。「氷付けのペンギンの松果体がアルゼンチンPA 204 ETDからニューヨークへ8月3日に輸送される。NATIONAL 62は8月4日13:30にボストンに到着……」。ここで気になるのは、もちろん「氷付けのペンギンの松果体」である。松果体とは、ちょうど脳の中央部に位置する松かさのような形の小さな内分泌器だが、古来よりその存在は神秘なものとされ、迷信や形而上学的な理論がついてまわってきた。

 現在でも、スピリチュアル的には松果体を刺激し、第三の目を開くことで、幸福感やより高次元の感覚を得ることができるといわれており、古代の人々はサードアイのパワーを用いることで他の人間を支配しようとしていたともいわれているが、当時の米国が超能力研究を目的としてペンギンの松果体を輸入していた可能性はあるのだろうか?

【ガチ】米政府が「氷漬けのペンギンの松果体」を爆買い、ウィキリークスが暴露! 目的は一切不明、理学博士がコメント「超能力研究の可能性」の画像2
画像は「Wikileaks」より引用

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。