>  > 【感動】シャボン玉が凍るとどうなるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

シャボン玉

,

■シャボン玉はどうやって凍るのか?

 シャボン玉は液体でできた薄い膜であるため、凍りつくメカニズムは水滴が凍るのとは異なっているという。氷の結晶はシャボン玉の底面で形成されるが、液体から固体へ変化する際に融解熱が放出される。結晶が生まれた部分は温められて、他の冷たい部分に比べて表面張力が低下する。すると、暖かい場所から冷たい場所への流れが生まれる。この現象はマランゴニ対流と呼ばれている。

 動画をよく見ると氷の結晶がシャボン玉の下の方から上の方に移動しているのが分かるが、これはマランゴニ対流によって生まれた流れによるものである。やがて結晶は大きく成長し、シャボン玉表面全体を覆う。これがシャボン玉がスノードームになるメカニズムであるという。

動画は「YouTube」より引用

 ちなみに安倍昭恵夫人も感心したという“波動界”の重鎮・江本勝氏によれば、水で結晶を作る際に「ありがとう」などポジティブな言葉をかければ美しい結晶ができるのに対し、「ばかあほ」などネガティブな言葉をかけると汚い結晶ができるという。シャボン玉結晶にも、よい言葉をかけてあげることで、より美しいスノードームが完成するはずだ。

 なお、実際には温度や湿度などの条件でシャボン玉にうかぶ氷の結晶の模様が決まる。

動画は「YouTube」より引用

参考:「Science News」「YouTube」ほか

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年12月 6日 18:51 | 返信

>シャボン玉結晶にも、よい言葉をかけてあげることで、より美しいスノードームが完成するはずだ。

この一言で台無し

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。