>  >  > 世界一危険な日本の火山がもうすぐ噴火→日本滅亡の可能性大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
EPSL_3.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 先月29日、地球惑星科学系の学術誌『Earth and Planetary Science Letters』で、火山噴火に関する興味深い論文が発表された。それによると、文明を消滅させるほどの超巨大噴火は、これまで5~70万年ごとに発生すると考えられていたが、実際には約1万7000年周期で発生していたという。そうなると、同規模の噴火が最後に起きたのは今から約2万5000年前とされているため、今すぐにでも次の超巨大噴火が起きても不思議ではないということになる。しかも、火山による文明消滅が、ここ日本で起きる可能性も“十分すぎるほど”高いのだ――。


■超巨大噴火の発生周期に大幅な間違い

 論文の筆者である英・ブリストル大学教授ジョナサン・ルジェ氏によると、噴出物が1兆トン以上にもなる超巨大噴火は、これまで考えられていたよりはるかに頻繁に発生しているという。このような噴火がひとたび発生すると、空が火山灰に覆われて暗くなるとともに気温が急激に低下、ほとんどの植物の成長にとって大打撃となる。結果、人間を含めた動物にとって食料が不足し、命の存続も危ぶまれる事態に陥るのだ。

EPSL_2.jpg
画像は「Earth and Planetary Science Letters」より引用

 ルジェ氏が定義する「超巨大噴火」は、直近では2万5000年前にニュージーランドのタウポで発生した。ニュージーランド北島には現在、同国最大の「タウポ湖」があるが、これは2世紀に発生した噴火によってできたカルデラ湖だ。当地で2万5000年前に起きた噴火は、噴火の規模を表す尺度「火山噴火指数」で最大値「VEI8」となるため、史上最大レベルの噴火ということになる。

 同レベルの噴火で特に有名なのは、7万5千万年前に起きたインドネシア「トバ火山」の噴火だが、ルジェ氏によると、6500万年前に陸生恐竜を絶滅に追い込んだ「チチュルブ小惑星による砂塵とトバ級の超巨大噴火がほぼ同等であった可能性がある」(AFP BBニュース、2017年11月30日)という。


■日本の“アノ火山”がもうすぐ噴火か!?

 では、このような超巨大噴火の影響が日本にまで及ぶ可能性はあるだろうか。いや、影響が及ぶどころか、その超巨大噴火を起こす可能性が極めて高い火山が、国内にあるのだ。2年前の記事で紹介したが、英・マンチェスター大学のアルバート・ザイルストラ教授(天体物理学)が、火山愛好家たちの協力を得て「世界で最も危険な火山10」を選定した。その結果、世界で最も危険な火山として第1位に選ばれたのが、日本の「Iwo Jima」つまり薩摩硫黄島(鹿児島県)だったのだ。また、阿蘇山(熊本県)も第4位に選ばれている。

コメント

5:匿名2017年12月11日 20:32 | 返信

※2さんの言ってる小笠原の硫黄島は噴火後2時間で 700万人が歹ヒ亡する巨大カルデラ火山ではなく第四紀火山なですが...
んで、薩摩硫黄島が噴火後2時間で 700万人が歹ヒ亡する鬼界カルデラ火山なんですけどー
そもそも、小笠原諸島周辺には巨大カルデラ火山は存在してない

4:匿名2017年12月10日 21:25 | 返信

イエローストーンの「噴火へのプロセス」は今まで考えられていた数千年単位ではなく、「たった数十年単位で噴火に至る」ことが調査により初めて示されてなんだか拍子抜けだった。
北がこれからも核実験し続ければいずれは白頭山が目覚めるだろうからそっちも注意しとかな。

3:匿名2017年12月 9日 02:02 | 返信

日本滅亡の可能性無し!

2:匿名2017年12月 8日 22:47 | 返信

このライター間違ってるぞ。
ランキングで、隆起がでかいから危険とされたのは「薩摩」硫黄島(いおうじま)ではなくて、小笠原の硫黄島(いおうとう)だ。
フェイクニュース、というより素人の取り違えによる間違いなのでたちが悪い。
質悪っ。

1:匿名2017年12月 8日 22:23 | 返信

偶然にも同じ日に、TOCANA編集部が噴火するのは富士山という説を発表したな。
百瀬くん君の記事のこと、信頼してないようだぞ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。