>  > まだ死んでいない“世界最高の科学者10人”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 人類史に名を残す偉人の中には生前にそれほど高い評価を受けていなかった人物も少なくない。そこで改めてその素晴らしい業績を存命中に確認するべく、現存する偉大な科学者10人をオンラインメディア「Big Think」の記事が紹介している。


1. ティモシー・バーナーズ=リー(1955年~)

livingscientists1.JPG
ティモシー・バーナーズ=リー 「Big Think」の記事より

 イギリスのコンピュータサイエンティストであるティモシー・バーナーズ=リーは、今日のネット社会の基礎となるWorld Wide Web(WWW)を考案し、ハイパーテキストシステムを開発した。

 またURL、HTTP、HTMを設計し、世界で最初のウェブサイトを1991年に開発・開設した人物でもある。2004年には英・エリザベス2世からナイトの称号を与えられている。


2. スティーヴン・ホーキング(1942年~)

livingscientists2.JPG
スティーヴン・ホーキング 「Big Think」の記事より

 ご存じホーキング博士は宇宙物理学(天体物理学)の分野において現存する最も影響力の強いサンエンティストである。1988年に出版された著書『ホーキング、宇宙を語る(A Brief History of Time)』は世界中でベストセラーとなり20年間で1,000万部以上の売り上げを記録した。

 特にブラックホールについての極めて鋭い考察を行っており、ブラックホールからの熱的な放射のことを博士の名にちなんで“ホーキング放射(Hawking radiation)”と名づけられているほどだ。

 また筋萎縮性側索硬化症(ALS)の症状を抱えた“車椅子の物理学者”としての存在感は、世の多くの人々を勇気づけている。

コメント

1:匿名2017年12月31日 14:53 | 返信

野生の豚を研究したらグドールを超えられそう

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。