>  > 【衝撃】2千年前の「古代レイブパーティー」を描いた岩絵

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

ベネズエラ

,

岩絵

 南米ベネズエラで、2000年前に描かれたとみられる古代の超巨大な岩絵が撮影された。ドローンなど最新機材を投入して撮影された画像には、巨大なヘビや牛、踊る人々など多様な岩絵の数々が映し出されていた。英「Daily Mail」ほか、多数メディアがこの驚きの画像を紹介している。

1212rockarts-1.jpg
岩絵部分は黒く塗りつぶして強調してある。画像は「Daily Mail」より引用


■急流の岩絵

 岩絵が撮影されたのはベネズエラのアマゾナス州、オリノコ川のアチュレス急流にある5つの島に描かれている。以前より岩絵の存在は知られていたが、その詳細や規模については不明なままだった。ボートでも侵入が難しい場所があることも岩絵の調査を難しくしていた。

 そこで今回、英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの考古学者フィリップ・リリス氏らは、ドローンなど最新の機材を使って岩絵の調査を行ったのである。すると、オリノコ川で歴史的な水位低下が起きたこともあり、研究者らがそれまでに把握していなかった岩絵も次々に見つかった。


■世界的にも巨大な岩絵

 岩絵は5つの島の8箇所に存在するという。中には非常に巨大なものもあり、例えば蛇の絵は30メートルにも及ぶ。またある場所には、300平方メートルを超える広さに少なくとも93個の岩絵が刻まれていた。世界でも類を見ない大きさである。

1212rockarts-2.jpg
岩絵部分は白く塗りつぶして強調してある。画像は「Daily Mail」より引用

関連キーワード

コメント

3:匿名2017年12月14日 19:06 | 返信

きっと編集部は四六時中ブチアゲでヤーマン状態なんだろね!

2:匿名2017年12月14日 11:50 | 返信

動物たちがブチアゲでヤーマン状態←意味不明

1:匿名2017年12月14日 10:38 | 返信

何だこのタイトル
阿呆なのか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。