>  >  > 中高生、気になる「ネット自傷行為」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

netsuicide1213.jpg
「ネット自傷行為」も実際の自殺の前触れである可能性が(http://jp.depositphotos.com)

 神奈川県座間市で発生した男女9人が犠牲になった殺人事件では、twitterで「死にたい」などとつぶやいた人が、容疑者のターゲットとなった。

 「ネット上で自殺願望をつぶやく行為」が、リアルな現実で最悪の事態をもたらしたこの事件は、ネットのあり方そのものに課題を突きつけた。

 そんな中、アメリカで「ネット自傷行為」というショッキングな言葉を定義する論文が、『Journal of Adolescent Health』(9月18日オンライン版)に掲載された。

中高生の約6%に「ネット自傷行為」の経験

 この論文によると、「ネット自傷行為」とは「実際に身体を傷つける自傷行為」をネット配信するわけではなく、「ソーシャルメディアやゲーム、WEBフォーラム、メールなど、あらゆるネットワーク上の環境で『自虐的な内容』を投稿したり送信したりすること」だという。

 上記のように定義し、それを裏付ける研究を実施したのは、米フロリダ・アトランティック大学ネットいじめ研究センターのSameer Hinduja氏らである。

 研究の結果、2016年に12〜17歳の中高生5593人のうち「約6%」に「ネット自傷行為」の経験があることが明らかになったという。

多感な思春期にありがちな行為?

 ネット自傷行為に及んだ理由については、「自己嫌悪のため」「注目されたい」「気持ちが落ち込んでいるため」「自殺したい」「周囲から面白がってほしい」などの回答があがった。

 Hinduja氏はこの結果をふまえ、「身体を傷つける自傷行為と同様、ネット自傷行為も自殺の前触れである可能性がある」ことに触れ、「このような行為に及ぶ背景やオフラインでの自傷行為及び自殺行動との関連について、さらなる研究を行なう必要がある」と述べている。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。