>  >  > 2度オナニーできないボロボロの手!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

20171219_hand_01.jpg

画像は、「The.YNC.com」より

 空気が乾燥する冬は、手のあかぎれやひび割れに悩まされる人が多い。特に、水仕事の多い主婦は、水によって手の脂質や角質が洗い流されるため、症状が悪化しがちだ。しかし、我々は時として、あかぎれやひび割れとは比べ物にならないくらいの重傷を手に負ってしまうことがある。そんな悲劇に見舞われた手の数々を映した動画が、海外の動画サイト「The.YNC.com」に公開された。

 動画タイトルは「もう手コキはできない……」。次々と映し出される手、手、手――。これらの手はいずれも激しく損傷している。指に細かく切れ目が入って血が滲んでいるのは、誤ってシュレッダーに手を突っ込んだからか? 肉がえぐれて骨がむき出しになった手や、腕からすっぽり抜けてしまった骨付きの手などは、まるで精肉工場の光景のようだ。黒く壊死した指先は、病気か凍傷によるものだろうか? そして、手のひらに空いた大きな穴――。ドリルに貫かれたり、銃で撃たれたりすると、こうなってしまう。

 ボロボロの手を見ていると、世界にあふれるリンチや拷問などの暴力シーンを思い浮かべてしまう。暴力の被害者は、命を奪われない代わりに、しばしば手を負傷させられることがあるからだ。「Liveleak」などの動画サイトでも、捕まった窃盗犯が手を銃で撃たれたり、指先を鉈で切り落とされたりする動画が頻繁にアップされる。手を破壊する行為はそのくらいメジャーなのだ。日本でも、暴力団の慣習として、手の指を切断する「指詰め」が行われている。

 また、イスラム教の経典『コーラン』第5章第38節には、「盗みを働いた男女の手を、その行為への罰として切断するがよい。これは神からの処罰である。」という記述があり、これを根拠としたハッド刑(=身体刑)も存在する。指や手首、腕などを切断するハッド刑は、サウジアラビアやイランといったイスラム教国にみられるが、欧米諸国からは人権侵害との非難を受けている。

 このような暴力に加えて、事故や病気によっても手は破壊される。手の機能を失った人々は、食事や排泄、運転などの日常生活に支障をきたすだけでなく、動画タイトルにもあるように、オナニーすらできなくなる。「The.YNC.com」の動画を見ると、手を使えることのありがたみを改めて実感させられるのではないか。

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?