• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

プロ

,

一攫千金

,

有馬記念

,

競馬

,

馬券

1222tcn2.JPG
有馬記念で一獲千金を狙う

 2017年も残りわずかとなったが、いい年だった人もいれば、残念な年だったという人もいるだろう。しかし、どんな人にも共通しているのが、笑ってこの1年を締めくくりたいという思いのはずだ。


■1年の締めくくりは有馬記念で一攫千金!

 そのために今からできることは何か? ズバリ、結論は“有馬記念の的中”を狙うべきだ。しかも、どうせならただ的中させるのではなく、100万円を獲得するという壮大な目標を掲げたい。無謀という意見もあるだろう。しかし、それを成し遂げることができたならば、2018年はきっと素晴らしい1年になるはず。そのためにも、妥協せずこの目標を達成すべく全力を尽くしたい。

 有馬記念は1年を締めくくるお祭りレースとして知られ、なんと400億円以上もの馬券が売れるという。競馬は馬券売上の75%が配当に還元されるので、実に300億円以上が払い戻しになるのだ。そのうちたった100万円をゲットしようという話なのだから、それほど大胆な話ではないだろう。

 問題は、いかにしてその100万円を獲得するか。ハッキリ言って、手元の資金は限られている。自分の予想に自信があるわけでもない。そこでインターネットでさまざまな情報を探してみると、今年のG1レースで172万9000円、104万8000円、87万1000円といった高額払い戻しを獲得しているサイトを見つけた。その瞬間「これならいける!」と確信したのだが、もちろん最初はすべてを鵜呑みにはできず、念のためしっかり裏付けを取ることにした。


■スゴすぎる競馬情報サイトを発見!

 今回見つけたサイトは「競馬セブン」という競馬情報サイト。調べてみると、知る人ぞ知る業界トップクラスのサイトで、スポーツ紙や競馬専門紙とは異なり本物の競馬関係者が多数所属し、表に出ない競馬情報を競馬ファンに提供しているという。

 春に行われたG1レースのNHKマイルカップでは、馬連1万7290円の万馬券を的中させ、172万9000円の払い戻しを獲得。安田記念でも馬連1万480円の獲得で104万8000円、皐月賞でも馬連8710円の的中で87万1千円を獲得と、見事な実績を重ねている。

 その他にも大阪杯の馬連2320円、高松宮記念の馬連2150円、スプリンターズステークスの馬連1760円、ジャパンカップの馬連1770円、直近の朝日杯フューチュリティステークスでも馬連550円を的中と、とにかくG1レースの的中実績が素晴らしい。しかも、ただ的中させるだけでなく、少点数で的中させているのだから、まさに理想的だ。

 そもそも、競馬セブンは創業20年と歴史のある会社だ。20年前の競馬界は4兆円前後の売り上げがあり、グラスワンダー、スペシャルウィーク、テイエムオペラオーといった名馬が活躍していた、まさに競馬全盛期。その後、売り上げは下降したが近年は盛り返しており、新たな競馬ブームが到来したといわれている。キタサンブラックの「キタ」は2017年の「今年の漢字」である“北”ともリンクするなど、多方面に話題を提供しているし、武豊やデムーロ、ルメールといった人気騎手はテレビなどでも活躍している。つまり、競馬セブンは競馬の良い時代も悪い時代も知り尽くすとともに、競馬を表だけでなく裏からも見てきたといっていいだろう。では、そんな競馬セブンに所属する競馬関係者をチェックしよう。


■そうそうたる競馬セブン所属メンバー

 まず、競馬セブンの総監督として君臨するのは、元JRA騎手の徳吉一己。騎手時代は重賞14勝を含む536勝、引退後はJRA競馬学校の「鬼教官」として池添謙一ら一流騎手を育てたというからとてつもない経歴だ。

 そして個人的にもファンなのだが、競馬専門紙「勝馬」の看板記者として活躍していた古川幸弘氏。競馬記者暦40年以上の実績と経験と人脈から「美浦の地獄耳」という異名をとるように、その情報力は今の若手記者とは比較にならない存在だろう。

 さらに、元JRA調教師の小原伊佐美はタマモクロスなどを育てた名調教師で、同じく元JRA調教師の嶋田潤もまた長く競馬界で活躍した人物だ。

競馬セブンの紹介動画 「YouTube」より

 こういった騎手や調教師といった存在だけでなく、元札幌馬主会理事の斉藤隆、元社台スタリオン荻伏場長の林勲といった競馬界屈指の人材が揃っており、その人脈は数千人規模というから驚きだ。これだけでもスポーツ紙や競馬専門紙とは比較にならない存在だということがわかるだろう。

 ある関係者から聞いた話だが、多くの競馬関係者は他人のような記者から馬に関する質問をされても、誠心誠意正直に答える義務も必要もないから、適当にはぐらかすだけだという。中には取材拒否でまったく取材に対応しない調教師もいるほどだ。マスコミ嫌いの横山典弘騎手は有名だし、マスコミが表に出さないだけで、こういった競馬関係者とマスコミの冷たい関係は少なくない。

 その点、実際に競馬界の中で活動して苦楽を共にしてきた競馬関係者からの質問には、正確に裏表なく答えるのは当然といえよう。ゆえに「競馬セブン」には協力的な関係者が多いのだ。

1222tcn1.JPG
スワーヴリチャードは有馬記念で買えるのか?

■有馬記念には相当な自信を持っている!

 ここまでの話で、競馬セブンが「マスコミには入手できない本物の情報を持っている」ことと「実際にその情報でG1レースを的中させている」ということがわかった。しかし、最も重要なのは今年の有馬記念を的中できるのかどうか、この一点だ。そこで実際に競馬セブンに話を聞いてみると

「今年の有馬記念は引退レースとなるキタサンブラック、ジャパンカップで待望の初G1制覇となったシュヴァルグランに話題が集中していますが、実はその2頭に割って入る穴馬の存在をすでに極秘入手しています。マスコミもノーマークですし、関係者もマークされることを警戒してひっそりとしています。もちろん、この馬が絡めば波乱となり好配当も間違いありません。1年を締めくくる大一番に相応しい、自信の勝負レースです」

 と気合の入ったコメントが届いた。競馬セブンの担当者によると、これだけ価値のある情報を「無料」で提供してくれるというから衝撃だ。その内容も「有馬記念・馬連3点勝負」とあり、まさに自分のコンセプトにピッタリ。NHKマイルカップで獲得した172万9000円の興奮が蘇るなら、もう参加しない手はない。しかも、もしこの有馬記念が的中できなければ、来年の日本ダービーまですべてのG1レース情報を無料で公開するというから、その自信は相当なものだろう。

 もちろん、有馬記念が終わっても28日に行われる新設G1レースのホープフルステークス、来年も1月6日には中山と京都で金杯が行われる。競馬セブンが提供する有馬記念の無料情報をきっかけに、本格的に競馬を始めるのもいいのではなかろうか。

CLICK → 『特別無料公開! 有馬記念・馬連3点勝負』 競馬セブン


※本稿はPR記事です。

関連キーワード