>  > バチカンがひた隠す極悪非道な秘密&タブー5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 イタリア・ローマ市内に位置するバチカン市国は、世界最小の国家であり、カトリックの総本山としても知られている。今回は、神聖な土地であるバチカンがひた隠しているとされる極悪非道な秘密&タブーを紹介しよう。


■世界最大のポルノ集団

1712_batikan_01.jpg
画像は、「WIKIPEDIA」より

 デンマークのコペンハーゲンにあるエロチカ博物館の研究員や多くの著述家は、バチカンに世界最大のポルノコレクションがあると主張。バチカンには、約3万点のポルノ書籍、版画などのポルノグラフィック約11万点が所蔵されているという。

 このウワサの真偽は定かではないが、今年10月にはバチカンの外交官が教会のパソコンから児童ポルノへアクセス、所持・流通させていたとして令状が出されている。また2013年には、バチカンのIPからアダルト動画が違法ダウンロードされていることが明らかとなり、世界を騒がせた。

1712_batikan_02.jpg
画像は、「Aleteia」より

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。