• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

ゴースト

,

セックス

,

佐藤Kay

,

,

幽霊

,

心霊

,

,

肖像画

 英紙「Mirror」(12月7日付)に、「世にも不思議なアメージングセックスを体験した」と告白する女性が登場している。

GhostSex_1.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

■失恋して郊外に引っ越し新たなシングル生活

 ウェールズ西部のアベリストウィスに住むサイアン・ジェームソンさん(26歳)は、人里離れた古いコテージで一人暮らしを満喫中だという。実は彼女、3年間付き合ったボーイフレンドと別れ、はるばるロンドンから越してきたのだ。

「どこにいて、何をしても、彼のことを思い出したわ。だから、環境を変えることが必要だったの」(サイアン・ジェームソンさん)

 現在はコピーライターの仕事を引き受けることで、家賃の支払いは賄えているという。ロンドンの喧騒が嘘のような別天地で、自然からインスピレーションを受けながら暮らしているそうだ。

 芸術家のオーナーが所有するコテージは、本や絵画をそのままにして貸し出されたそうだ。

「壁にかかっている絵の中で、心をとらえて離さないものがありました。主賓室の暖炉の上に飾られてる青年の肖像画なんですけど、すごくハンサムなんです。制作は1820年と記されてました」(同)

 引っ越した当時は「もしかしたら、私の人生に男なんて二度といらないかも」と感じることもあったそうで、それほど失恋の痛手が深かったのだろう。しばらくは男子禁制でシングルライフを楽しんでいたと話す。

関連キーワード

コメント

1:トランプ大統領2017年12月24日 22:18 | 返信

それは萌えです。二次嫁みたいなものだ。
私も異世界に飛んでハーレムを作りました。ですがそれは妄想です。
現実にするには自分の女の子クローンを製造して、日本から分離独立し一夫多妻の独裁国家をつくるしかない。私は潔癖男子なのであまりにも違う人間と結婚するとストレスで殺してしまう可能性があるので、出来るとしたら自分のクローン以外にないのでそうなる。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。