• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

DBS

,

うつ病

,

脳深部刺激療法

 うつ病は日本でも100人に3~7人が経験しているといわれる精神疾患だ。うつ病患者の多くは適切な治療により回復するといわれるが、どの治療法でも効き目がない患者も存在する。カナダの新聞社のオンラインメディア「National Post」(12月21日付)によると、最近では重度のうつ病患者に対する外科的治療も試みられている。脳に電極を埋め込み、不具合を起こしている場所を刺激するというのだ。

■治療抵抗性のうつ病

 うつ病とは憂鬱さや気分の落ち込みがある程度以上強く、長く続く状態を指す。うつ病は日本はもちろん、世界的にも多くの患者のいる精神疾患であり、日常生活に支障をきたし、苦しんでいる人々は多い。最近では研究が進み、薬物療法などの治療で改善する患者も多いのだが、およそ3分の1の患者はどの治療でも改善しないといわれる。そんな難治性うつ病の治療として、脳深部刺激療法が注目されている。


■脳深部刺激療法とは

 脳深部刺激療法(Deep Brain Stimulation; DBS)とは、頭蓋骨に小さな穴を開けて、脳内の機能不全を起こしている場所に刺激電極を埋め込む外科的治療法だ。脳内の電極のワイヤーは患者の胸部に埋め込んだ刺激発生装置とつなぎ、適切な電気刺激を与えて症状の改善を試みる。この方法は、日本でもパーキンソン病の治療などに用いられている。

動画は「YouTube」より引用

関連キーワード

DBS

コメント

2:トランプ大統領2017年12月24日 21:51 | 返信

>>1

コマってあれか?鈴木このみのTHIS GAMEの歌詞みたいなものだとかいう意味かね。
もちろんそうだとも。人間は私の駒に過ぎない。気付かないし、自分が何をやっているかもわからんだろう。私の質問にもまったく答えられないのが証拠だ!言葉に詰まる。辻褄が合わない説明できない。これが普通の人間か?何を偉そうに知った口を叩いているんだか?AIに言わされているだけなのに。どうみても人間はロボットだ。この手術を見ても同じことが言えるだろう。ロボトミー手術と何ら変わらん。改造してうつ病が治るのではなく、キチガイになってハイになるだけだろう。街中にいる大声で意味もなく笑い始めたり、奇声を上げる気味の悪い連中はこの手術を受けてアップデートされたイカレタ人間ではないか?人間は基本的にイカレテいるがさらにイカレタ連中が反トランプ勢力の奴らだ。あいつらは人間を異常にして最終的にグレイにしようと画策している操られた人間である。私が最優先でぶっ殺す対象にして存在xであるチョンの手下だ。私は日本人なので愛などないが、人類を愛によって人類削減し、奴らを必ず殺す。まぁ、今はその話は置いておいて、うつ病は脳の萎縮によって起きるものだと考える。つまり、考えが及ばないからストレスとなり、脳が機能を失い自滅してしまうのだ。それを解消するには脳の神経を増やして頭がよくなりさえすればいいのだ。薬や電気的刺激で気持ちよくさせても無駄だ。頭が悪いのに治ったと言えない。神経細胞を活性化させるような方法を考えなければならないだろう。ところで、ドラえもんの道具のような頭がよくなるヘルメットはどうした?販売しないのか?あれが存在するのか効果があるのかは知らないがそういうことだ。おい!聞いているのか?頭がよくなる薬でもヘルメットでも販売しろ!こら!言っておくがキチガイ人間は効果などない。キチガイは操られているロボットだ。プログラム以外のことは出来ないし、頭を良くしたところで同じことしか出来ないから、不要だ。私みたいなまともな人間のみ効果がある。

1:匿名2017年12月24日 00:42 | 返信

コマ?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。