• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

尿を使った「がん診断」に期待!画像診断や腫瘍マーカーでは見つけにくい微小な腫瘍を検知の画像1
尿を使った「がん診断」に期待(http://jp.depositphotos.com)

 2017年12月16日、名古屋大学大学院工学研究科の馬場嘉信教授らと国立がん研究センターの共同研究チームは、「ヒトの尿からがんを見つける新たな技術を発見した」と発表した(「CBCニュース」2017年12月16日)。

 発表によれば、馬場教授らは様々な病気の兆候を示すマイクロRNAに着目。ヒトの尿に含まれるマイクロRNAは、約300種類を検出するのが限界だったが、ナノワイヤと呼ばれる非常に小さい物質を用いた器具を使い、1mlの尿から1000種類以上のマイクロRNAを検出した。この技術を使ってがん患者の尿を調べたところ、特定のマイクロRNAの増減が確認。今後、「尿を使ったがん診断」が期待できる。

「マイクロRNA」とは?

 マイクロRNAは20個前後の塩基から構成され、遺伝子の発現を調節するRNA(リボ核酸)だ。人間の体内に2000種類以上が存在する。近年、がん細胞間の情報伝達を司るエクソソームに内包されているマイクロRNAは、がんの増悪や転移に深く関わっているため、がん医療の分野で高い注目を集めている。

 つまりマイクロRNAは、がんを早期段階で発見し、再発の兆候を捉える新しいバイオマーカーになると期待されている。しかもマイクロRNAは、画像診断や既存の腫瘍マーカーでは見つけにくい微小な腫瘍を検知できるメリットがある。

 したがって、マイクロRNAを測定する手法は、血液や尿、唾液などの体液サンプルでがんを診断するリキッドバイオプシーの本命と見なされているのだ。

線虫が尿によって高精度で「がんの有無」を識別できる診断法を開発

 尿からがん診断するリキッドバイオプシーの進化はめざましい。尿の匂いを活用するユニークな研究もある。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。