>  >  > 睡眠薬を使った事件が多発
連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」第43回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

睡眠薬を使った事件が多発!医療従事者が関わった保険金殺人もの画像1
睡眠薬が使われる事件が多発している(http://jp.depositphotos.com)

 前回の(参考:睡眠薬や危険ドラッグなどの「デートレイプドラッグ」による性犯罪に注意を!)で、睡眠薬を酒などに混入させて性犯罪を企てる「デートレイプドラッグ」について解説した。さらに恐ろしいことに、睡眠薬を被害者に飲ませて、強盗、殺人を引き起こす事件が最近後を絶たない。今回は、そんな睡眠薬を用いた数々の事件について紹介したい。

 まずは2017年、我が国を震撼させた神奈川県座間市で発生した9人の連続殺人事件――。容疑者の27歳の男性は、病院で不眠を訴えて2度にわたって睡眠薬を処方されていた。

 自分では服用せず、自殺願望のあった9人を自宅に連れ込み、睡眠薬を服用させて意識レベルを低下させ、首を絞めて気絶させる。そして、ロフトにかけたロープを首に巻き吊して死亡させ、その後、死体を切断して遺棄。その異常かつ凶悪犯罪ぶりは記憶に新しい。

医療従事者が睡眠薬を用いて職場の同僚や肉親を死に追いやった事件

 看護師など医療従事者は、睡眠薬を容易に入手可能で、薬の効果に関する知識が豊富である。

 2017年、千葉県の老人ホームで起きた事件では、容疑者は同僚が飲んでいたお茶に睡眠薬を混入し、意識レベルが低下した状態で車を運転させ、かつ事故を引き起こさせて殺害しようと企てた。被害者は対向車と衝突事故を起こし重傷を負った。その後、71歳の女性准看護師が殺人未遂容疑で逮捕された。

 また1998年より数年にわたって福岡県で起こった看護師連続保険金殺人事件は、極めて悲惨な結果を招いた――。4人の女性看護師は看護学校の同窓生で、学生時代より親しい関係にあった。そのうち2人の仲間の夫に多額の生命保険金を掛け、大量の睡眠薬を混入させた酒を飲ませ、夫たちは昏睡状態に陥った。

 その後、1人をカリウム製剤と空気を静脈内に注射して殺害し、もう1人には急性アルコール中毒による死亡に装うべく、チューブを胃内に挿入して大量の酒を流し込み、さらに血管内に空気を注入して死亡させた。

 多額の保険金が犯人に支払われたが、2001年、共犯者の1人が罪の意識にさいなまれて自首したため事件の全貌が発覚する。主犯の女性に死刑の判決、ほかの2人はそれぞれ無期懲役、懲役17年の判決が下った。主犯の女性は、既に死刑が執行されているが、共犯の2人は上告。残る1人は判決前に病死したため公訴棄却となった。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。