>  > 「某競馬関係者集団」の極秘情報、正月はヤバい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

2018年

,

お年玉

,

有馬記念

,

正月

,

競馬

,

金杯

,

馬券

tcn2.JPG
一年の計は“金杯”にあり

■「ビッグなお年玉」がほしい大人は正月競馬を狙え!

「一年の計は元旦にあり」というが、競馬においては「一年の計は金杯にあり」というのが常識だ。競馬ファンの間で1月6日に行われる金杯(京都金杯・中山金杯)とは、それほど重要な位置付けであり、有馬記念よりも重視しているファンもいるほど。加えて金杯は毎年万馬券が飛び出す「小遣い稼ぎ」に最適なレースであり、大人にとって「ビッグなお年玉」が狙える正月注目のイベントでもある。

 金杯の歴史は古く、中山競馬場で行われる中山金杯は今年で66回目。キタサンブラックと武豊が優勝した24日の有馬記念が62回目だから、それよりも前から行われているのだ。

 競馬は20歳以上なら誰もが馬券を購入できる大人のレジャー。100円から馬券が購入でき、的中させるだけなら決して難しくはない。しかし、どうせ馬券を買うなら1000円でも1万円でも10万円でも多く儲けてみたいもの。そこで、この金杯を的中させてお年玉をゲットしつつ、2018年の運気を一気に上昇させてみようではないか。


■勝つために誰に頼るべきか

 年末年始、マスコミはお休みモードで、東西のトレーニングセンターも記者の数は少なく、有馬記念の週と比較するまでもない。そんな状況では、出走全馬の取材がおろそかになってしまい、記事の内容や信ぴょう性に疑問が生じるのは当然だ。まぁ、年末年始もビッシリ働いたらブラック企業に認定されてもしょうがないので、これはやむを得ないといえよう。

 そこで注目したいのが、年末年始も休むことなく情報収集活動を行っている「某競馬関係者集団」だ。競馬関係者の情報は、馬券を的中させるうえでもっとも重要な“キモ”となるもの。特に正月競馬のような「通常と日程が異なる競馬」は、既存のデータがあてにならず、情報の「量と質と正確さ」が求められる。逆に言えば、確かな情報さえあれば思わぬ好配当を手にすることもできるのである。

 2017年のJRA開催が終了して、競馬はひと段落したという人もいるだろう。しかし、この「某競馬関係者集団」によれば、正月競馬は

「一年で最もおいしい競馬」

 だというから見逃せない。というのも、先ほど説明したように年末年始はマスコミの取材態勢が不十分で、すべての出走馬をマークできていない。つまり、マスコミが取材できない「激走馬」が存在しているわけで、そこに「おいしい馬券」が眠っているのである。こういった情報は通常の予想方法では入手できず、唯一、競馬関係者と密接な関係にある「某競馬関係者集団」だけが把握しているのだ。

tcn1.jpg
競馬界最高の競馬関係者集団


■競馬界最高峰のプロたちが明かす極秘情報

 この「某競馬関係者集団」は、競馬を知り尽くす最強にして最高峰のプロ達。全国に張り巡らされた情報ルートを駆使し、業界最大規模と呼ばれる関係者達が勝負情報を独占入手。そして、その情報を業界の誰もが最強と認める予想陣が分析し、さらに確信を得るため各方面への裏付け調査を実施。最終追い切りや直前の情報を加味して、勝負レースと認定された厳選レースを競馬ファンへ提供している。闇雲に多くのレースで勝負するのではなく、厳選に厳選を重ねた本当に自信のあるレースのみを提供しているのだから、その自信度と実績は相当なものだ。

 24日に行われた有馬記念においても、見事54.2倍の好配当を的中。マスコミから低評価だった8番人気クイーンズリングを抜擢しての的中となり、改めてその情報精度を再認識させた。さらに、ここ2週間だけで10本以上の万馬券を的中させるなど、その実績は折り紙付き。この勢いがすぐに止まるとは考えられない。

 そして彼らは、この金杯と正月競馬について以下のようにコメントしている。

「中山・京都金杯に限ったことではありませんが、年明けの競馬というのは、普段とは調教日程が異なります。それを見越し、いかに逆算した仕上げがなされているかが非常に重要になります。しかし、36年の実績を持つ我々は年末年始も現場に人員を配置し、調整過程を逐一確認。なおかつ関係者間の忘新年会にも顔を出すため『関係者から得るナマの話』を聞き出すことも可能です。

 また、とりわけ中山金杯で述べると、ハンデ戦だけに確かな分析がモノをいいやすいレースです。業界関係者も実力の高さを認める当社スタッフの腕の見せ所といえるでしょう。

 中山金杯については、重賞2勝の明け4歳馬ウインブライトが出走予定。他にも近況の良い馬が何頭かおり、これに加えてハンデ戦ということで、人気は割れることでしょう。例年高配当になることが多いレースですが、2018年も同様になりそうです。

 対して、京都金杯も混戦ムードと新聞などでは報じられるでしょう。こちらもレッドアンシェルや、マイル重賞を勝っているキョウヘイなど、明け4歳の取捨が馬券攻略のポイントとなります。金杯は2017年も中山、京都ともに的中しており、昨年に続くダブル的中を確信しています」

 以上のように年末年始の情報収集体制や忘年会事情、そして昨年も的中させた金杯について自信満々に語ってくれた。さらに、この「某競馬関係者集団」担当者によると、

「今週は特別に、中山金杯・京都金杯の3点勝負を無料で公開させていただきます。いずれも的中時の高配当は必至でしょう。2017年の東西金杯と同等に自信がありますので、ぜひ参考にしてください」

 とビッグサプライズを用意してくれた。本来オモテには出ないような関係者の生情報を、しかも無料で手に入れることができるのだから、まさにビッグチャンスとはこのことを言うのだろう。

 この「某競馬関係者集団」には調教師や騎手だけでなく、馬主とも対等に話ができる著名な予想家や元騎手、元調教師が在籍。そこから得られる本物の情報は必ずや大きな効果となるであろう。2018年の競馬は、波乱の有馬記念を的中させた「某競馬関係者集団」が提供する無料情報に注目。この金杯で、誰もが羨むお年玉を手にしよう。

CLICK → 『無料公開 中山金杯・京都金杯の3点勝負』


※本稿はPR記事です。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。