• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
【ガチ】2年後に遺伝子編集された最強の馬「スーパーホース」誕生へ! 爆速で走るだけでなく…競馬界も激変か!?の画像1
画像は「The Telegraph」より引用

 12月24日、引退レースとなった第62回有馬記念を制したキタサンブラック。今後は北海道で、その優れた遺伝子を次世代に繋ぐことになるが、彼の種牡馬生活もそう長くは続かないかもしれない。なんと、2年以内に人工的に遺伝子編集されたスーパーホースが誕生するというのだ!


■2年後に筋肉が極度に発達したスーパーホースが誕生

 英紙「The Telegraph」(12月26日付)によると、アルゼンチンのクローン技術企業「ケイロン・バイオテック」社が、遺伝子編集技術「CRISPR」を使い、筋肉の成長、持続、スピードに関わるミオスタチンが増加するようプログラムされた胚の作成に成功。2019年までに、その胚を代理母馬の胎内に移植する予定だというのだ。成長した馬は、理論的には、普通の馬よりも速く長く走れるようになり、より容易に高く飛べるようになるという。

【ガチ】2年後に遺伝子編集された最強の馬「スーパーホース」誕生へ! 爆速で走るだけでなく…競馬界も激変か!?の画像2
画像は「The Telegraph」より引用

 目的に合った遺伝子の改良という意味では、本質的に品種改良と同じことだが、「ケイロン・バイオテック」社の創設者であり、クローン技術の専門家であるダニエル・サマルティーノ氏が、「この技術は馬の品種改良に多大なる進歩をもたらします。より良い馬をより短時間でつくることができるのです」と語るように、遺伝子編集技術の利点は大幅な時間短縮にある。品種改良の場合、何世代にもわたる交配で徐々に改良したい遺伝的特質を発現させていくことになり、何年、何十年と時間がかかるが、遺伝子編集は希望通りの遺伝的特質を最初から持つ馬をつくることができるからだ。

すると、遺伝子編集された馬が圧倒的に有利ということになるが、今後、競馬や馬術競技に参加することはあるのだろうか? 

コメント

3:まさゆき2017年12月30日 21:50 | 返信

ご存じないようなのでお教えしますが、競走馬はそもそも世界的な登録機関があって遺伝子操作によって生まれた個体はもとより、人工授精で生まれた個体すら認められていないのでこれらの仮定を議論するのはナンセンスなのです。

2:匿名2017年12月30日 04:07 | 返信

「スポーツ界にはよくわからない信念が蔓延っているため」
=「スポーツ界の人間は脳ミソ筋肉のため」

1:匿名2017年12月29日 14:29 | 返信

モウコノウマの遺伝子を操作して繁殖力を強化して絶滅から救う方が有意義

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。