>  >  > 妻を質入れ…! ローカル賭場にハマる労働者たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
LocalCasino_1.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

【日本奇習紀行シリーズ】 北関東

 昨年10月、覚せい剤取締法違反で逮捕されたモノマネタレント・清水アキラの三男・清水良太郎。彼は昨年2月、俳優の遠藤要とともに、闇カジノへと出入りしていた疑惑も写真週刊誌などで報じられていたが、実はこうした地下賭博場の存在そのものはかなり古く、それこそ昭和期には全国各地の至るところで、当たり前のように“ローカル賭場”が運営されていた時代もあった。しかし、こうした賭場というのは、その性質上、現在の公営ギャンブルでは考えられないような代物までもが、賭けや賭け金を借りる際の質草の対象とされていたのである。


「一番わかりやすい例でいえば、てめえの女房だろ(苦笑)。なにせこのあたりじゃ、日銭しか持っていねぇような連中ばっかりだったわけだからね、金がないのに張りたけりゃ、それこそ女房子供だって質に入れてたもんだよ」


 かつて北関東のとある地域に存在していたという“ローカル賭場”の実態について、そう証言するのは、少年時代にその賭場へと出入りし、小間使いをやることで小遣い稼ぎをしていたという渡辺吉男さん(仮名・82)。渡辺さんの話によると、もともと鉱山で働く労働者たちが多かったという当地において、娯楽といえば、酒と女と博打のみ。過酷な労働によって得た日当を、そのまま博打につぎ込む労働者たちが後を絶たなかったという。


「もちろんね、博打に勝てば酒もしこたま飲めるしね、商売女も買うことはできるから、男たちにとっちゃ極楽なんだろうけれども、ホント、博打っていうのはよくできたものでね、いつもギリギリのところで大きく負けることが大半なんだよ。そうなるとさ、女房がいる人間は、てめえの女房を賭場で質に入れて金を借りたりね。……そりゃそうよ、それで負ければてめえの女房が、しばらく他の男相手に体を売るはめになる」

コメント

2:仮に”質”に入れても2018年1月17日 17:51 | 返信

女房を質に入れる。カッコいい台詞だけど、
入れるだけの器量があれば実際他に女房の使い道があるでしょ。
性交異常者でもないのに女を犬猫扱うように”質入れ”などできたのか?
人間だもの、精神状態が普通なら逃げるでしょうよ。
性交異常者で不特定少数ならあったのかもしれないが、あとはこれ自体が赤線の延長だとするのならば納得もできるが、、

実際さー問題はね、当時の炭鉱夫の女房なんて若かろうが年配だろーが色黒で、みーんなゴリライモみたいなオバさんしかイナいじゃん オマケに揃いもそろってみーんな超短足でさ
小学生の頃、学区内に元炭鉱夫婦事業団団地が10棟も在ったの、でその団地の奥さん連中を朝夕見かけたけど痩せて色白女なんて一人もいなかったという事実。 
金出してまでゴリライモババァを旦那以外に
いったいダレが抱くのさ 抱いてほしいなら金よこせ

1:匿名2018年1月15日 04:06 | 返信

カジノでの"負け"は所持金を超えることはあり得んから「どのレベル」も何もただ無一文で店出るだけだろ
単に認可されてない、違法であるが故の"闇"なのであってルールは普通のカジノと変わらんがな
どんだけ妄想膨らましてんねん
恥ずかしいなぁ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。