>  >  > 実は日本人じゃない日本人っぽい4人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

みやぞん

,

南果歩

,

新井浩文

,

水原希子

●みやぞん

1712_nihon_03.jpg
画像は、「みやぞん」公式Instagramより

 お次は大ブレイク中のANZEN漫才・みやぞん(32)。『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)などで見せる天然なキャラクターでお茶の間の人気を集めたみやぞんは、以前テレビ番組で外国人国籍であることを明かしていた。

 2015年の『有田チルドレン』(TBS系)に出演したみやぞんは、「ぼく、韓国人だったんですよ」と告白。彼は高校時代に友達と運転免許を取りに行ったのだが、職員に「君だけ書類が1枚足りないよ」と言われたという。しかしみやぞんは当時自分が韓国人だと知らなかったため、「なんの書類ですか?」と質問。すると職員から「外国人登録証明書」と告げられ、みやぞんは自分が韓国人だと知ったそうだ。


●南果歩

1712_nihon_04.jpg
画像は、「南果歩」公式ブログより

 最後は渡辺謙(58)の妻で女優の南果歩(53)。彼女は2007年に放送された『スタジオパークからこんにちは』(NHK系)で、在日韓国人であることをカミングアウトしている。

 また2014年に韓国で開催された「釜山国際映画祭」に出席した際も、親が韓国人だと明かし話題に。同映画祭を取り上げた「東スポWeb」の記事によると、司会を務めていた韓国女優のムン・ソリ(43)が、「南の母親が釜山出身」と紹介していたとのこと。一方で南は「毎年、祖父母のお墓参りに釜山経由で来たり、この街自体に愛着がある」と堂々と語っていたそうだ。

人気連載

【実話怪談】時計が止まったとき ― “祓えんほど強か念”が円満夫婦を恐怖に陥れる!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

【廃墟】祠やお稲荷さまの「墓場」を青森県で発見! 取材中に謎の男と遭遇し、トンでもなく不吉な事態に…!

撮影=酒井透  青森県つがる市にある「高山稲荷神社」。この神...

関連キーワード

コメント

2:匿名2018年1月 5日 10:44 | 返信

人種差別を煽るクソ記事書いてんじゃねーよ

1:トランプ大統領2018年1月 5日 01:18 | 返信

要は在日偽日本人だろう。私の場合はどういえばいいのだかわからん。一般的な中国系の日本人ではない。ユダヤ人?宇宙人?純血日本人?分離独立したいので新日本人(仮)か?
これから大陸と戦争するのに紛らわしいから、実名を名乗らせるように日本政府に通達したい。
そもそも不法入国の子孫で日本に永住させている時点で問題がある。基本的にこんなテロリストまがいの犯罪者予備軍は住む資格はないし、韓国籍なのに兵役に行かないのであれば、兵役逃れとも受け取れる。さっさと韓国に追放し、二度とこの地を踏むことのない様に永久追放にすべきである。それは日本国籍を取得したものにも言えることだ。中国系もそうだが自分が日本人ではないと自覚があるようで、ある路上パフォーマーの人が私にこう言った。「あれ?日本語でしゃべっているのに通じないか?」と。そういう認識の人がいるようで、私は提案したい。反逆者は強制的に国外追放にするべきである。さもないと関係なく理不尽にぶっ殺すことになる。私は容赦はしない。大きいボタンを持っているそうだからな。宇宙人パワーで人類丸ごとポア出来る力があるのだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。