>  > 胸を揉める“催乳師”の適性は男性に!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

中国

,

日刊サイゾー

【日刊サイゾーより】

 人口抑制政策のために1979年からおよそ36年間にわたって実施されてきた「一人っ子政策」が2015年に廃止され、どの夫婦も2人目の子どもをつくることができるようになった中国。

 これにより出産ブームが始まるかと思いきや、日本と同様、育児の手間や教育費の問題などから2人目をつくることを望まない夫婦も多いようで、中国当局が思っていたほどには、出産率が上がっていないとされている。

 いわゆる“二人っ子政策”の開始による出産ブームを当て込んだ職業の一つに「催乳師」というものがある。これは、子どもを産んだばかりの女性のおっぱいにマッサージを施して母乳の出を良くする職業で、専門の訓練を受けた後に催乳師としての公的資格を得てから施術ができる仕組みになっている。

 中国版ネット百科事典サイト「百度百科」の説明によると、中国では毎年2,000万人もの子どもが生まれており、母乳の出が悪いことに悩んでいる新米ママは8割以上にも及んでいるという。そのため催乳師は中国全土で120万人以上が必要とされているが、実際の人数はまったく足りていない状況だという。

 つまり、2人目開放による出産ブームは始まっていないものの、催乳師の需要のほうは高まっているのが実情なのだ。


中国の催乳師の資格には、初級、中級、高級、指導員という4つの種類がある
 この催乳師、女性のおっぱいを揉むのが仕事なだけに、そのほとんどが女性。だが、数はごく少数なものの、中には男性の催乳師もいるのだという。その一人が、河南省出身の30代の男性・楊徳軍(よう・とくぐん)さんである。

 楊さんはかつては理容師をしていたが、仕事のプレッシャーや要求がきつかったために嫌気がさし、自分らしい生き方を実現する仕事を探す中で、催乳師という職業を見つけたのだという。

 家族やガールフレンドの反対を受けながらも職業学校で催乳師としての訓練を受けた楊さんだったが、女性の生徒たちはペアになってお互いの体で練習していたが、自分はそれをすることができず、2人の中年女性が練習台になってくれたという。


楊徳軍さんは全国で3人目の男性催乳師だという
 資格取得後、仕事を始めて間もなくは、男性である楊さんにマッサージを頼む女性はほとんどいなかったというが、そのうち徐々に顧客が増えて、今では毎月4~5人の女性からマッサージの依頼があり、収入も1カ月で2万元(約34万円)ほどと、一流企業のサラリーマン並みの金額を得ることができるようになっている。

「催乳師は女性よりも男性がやるほうが有利な面もある。男性が施術すれば女性のホルモン分泌がより促進され、豊胸の面での効果もある。それに、マッサージは体力が必要なので、この面でも男性のほうが向いています」と楊さんは言う。

 出産したばかりの女性といえば、比較的若い人が多い。そんな女性たちのおっぱいを揉んでお金をもらえるのだから、これは男にとって“夢のような”職業といえるだろう。

 ちなみに日本では母乳の出を促すためのマッサージは女性自らが行うことが多く、これを職業として行うためには助産師の資格が必要になるのだが、助産師の資格は女性しか取ることができない。残念。
(文=佐久間賢三)

人気連載

【実話怪談】時計が止まったとき ― “祓えんほど強か念”が円満夫婦を恐怖に陥れる!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

【廃墟】祠やお稲荷さまの「墓場」を青森県で発見! 取材中に謎の男と遭遇し、トンでもなく不吉な事態に…!

撮影=酒井透  青森県つがる市にある「高山稲荷神社」。この神...

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年1月 5日 07:15 | 返信

こんなのアフリカの呪術医みたいなもんだろ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。