>  > 1988年のエコノミスト表紙が「2018年のビットコイン流通激増」を完全予言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

■イルミナティの計画が実現か?

1988年のエコノミスト表紙が「2018年のビットコイン流通激増」を完全予言していた!  イーサリアムもNWOの一環、仮想通貨はイルミナティの計画だ!の画像3
画像は「Thinkstock」より引用

 ここで思い起こされるのが、世界の統一を目論む秘密結社「イルミナティ」と、彼らの悲願であり、一部の資本家とエリートが全世界の民を管理する計画「新世界秩序(NWO)」である。実は「The Economist」グループのオーナーにはロスチャイルド家が名を連ねており、ユダヤ金融資本の手中にあることは明白な事実なのだ。おそらく、彼らは自分たちの計画の一端を「The Economist」の表紙を通して布告していたのではないだろうか? すると、これは予言が的中したのではなく、「計画が実現した」ということになるだろう。

 昨年、ビットコインは急騰・急落を繰り返しながらも、12月には1ビットコインの価値が初めて12000ドルを超えた。2018年のビットコイン予想はそれほど明るくないが、ここに来て大きな注目を浴びているのが、ロスチャイルド家とともに「イルミナティ」の中核を成すロックフェラー家の息がかかっているといわれる仮想通貨「イーサリアム」であることも興味深いだろう。イーサリアムはマイクロソフトやロックフェラー系投資銀行のJPモルガンからも支持されていることから、2018年にはビットコインに迫る仮想通貨になるとも目されている。ちなみに、マイクロソフトもJPモルガンも、もちろんニューワールドオーダー側である。(詳しくは王山覚氏の寄稿記事を参照)

1988年のエコノミスト表紙が「2018年のビットコイン流通激増」を完全予言していた!  イーサリアムもNWOの一環、仮想通貨はイルミナティの計画だ!の画像4
画像は「Ethereum.org」より引用

 いずれにしろ、2014年にビットコイン交換所である「マウントゴックス」社が破産した頃からは考えられないほど、仮想通貨は世界的な知名度を獲得し、我々の生活に浸透しつつあることは確かだ。「The Economist」が暗示するように、ビットコインやイーサリアムが世界通貨になる日もそれほど遠くないのかもしれない。今後の仮想通貨情勢からますます目が離せない。
(編集部)


参考:「Collective Evolution」、「Reddit」、ほか

コメント

7:匿名2018年1月13日 22:30 | 返信

ニュージーランドのクリプトピアという暗号通貨の取引所で、まさしくPhoenixcoinという名前の暗号通貨があったから、ダメ元で約3万円を投資して10000枚購入してみた
予言当たったら億り人確定の宝くじだな

6:匿名2018年1月13日 22:28 | 返信

ニュージーランドのクリプトピアという暗号通貨の取引所で、まさしくPhoenixcoinという名前の暗号通貨があったから、ダメ元で約3万円を投資して10000枚購入してみた
予言当たったら億り人確定の宝くじだな

5:虚構の通貨w2018年1月 7日 05:05 | 返信

日本はパレスチナを救う
偽ユダヤ教を信じない
光と闇の戦いで光は勝利するだろう
神には勝利できない悪魔は懺悔するだろう
ユダヤ教の偽ユダヤ教徒が仕掛ける攻撃や見せかけの災害に要注意

4:匿名2018年1月 7日 01:24 | 返信

結局、ビットコインってイーサリアム潰しだったの?電子マネーが乱立して一強はなくなったし。

3:匿名2018年1月 6日 21:48 | 返信

ユーロ導入構想を参考に世界共通貨幣も将来ありうると思った担当者の案件が、
社内稟議を通って表紙になっただけだろうね。

2:匿名2018年1月 6日 19:03 | 返信

ビットコインは7年前程から存在するんだが...

1:匿名2018年1月 6日 12:29 | 返信

減価しないマネーは、すべてまやかし。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。