>  >  > 紅白で出回った“謎のカンペ”画像が流出!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
jump_seiretsu.jpg

 2017年の芸能界も、大みそかに放送された『NHK紅白歌合戦』の放送で幕を下ろした。当初は絶望視されていた安室奈美恵の逆転出演を決め、瞬間視聴率は48.4%を記録するなど、年末年始の話題はほぼ紅白一色となった。そして例年、同局では29日から、大規模なリハーサルが行われているが、安室クラスの“目玉”とは裏腹に、NHKの過剰な配慮に苦笑されていた出演者も存在していたという。

 大物アーティストや大御所演歌歌手ならば、普段あまりテレビを見ない視聴者でも、大半は顔と名前が一致するはず。しかし一方で、局地的な人気を持つアイドルや新人アーティスト、また大所帯のグループともなると、視聴者どころか記者でさえメンバーの名前が分からないこともあり得る。

「顕著だったのは、AKB48がブレークした直後の2009年頃でしょうか。アイドル担当の記者ならまだしも、音楽担当だったりニュース担当だったりすると、メンバーの顔と名前がどうしても一致しないため、イベントでの取材終了後には、スタッフの元に駆け寄り『真ん中のショートの子はなんて名前?』『こう発言していたのは誰?』と、確認を求める記者であふれかえっていたものです」(スポーツ紙記者)

 そもそもこうした勉強不足は、当然記者の失点と言える。しかし紅白ともなると、数十人もの出演者のインタビューが、雪崩のように行われるため、仕方ない一面もある。しかも、普段は取材現場に足を運ばない新興系のメディアも多数現場に押し寄せるため、前出のような確認作業もとてもではないが追いつかない。

「そこでNHK側が、アーティストに見えない場所に、こっそりカンペを用意するようになったんです。E-girlsやLittle Glee Monster、Hey! Say! JUMPなどは、特に記者の確認が必要だったようで、ホワイトボードに張り出されたカンペを、こっそり撮影する記者であふれかえっていました」(同)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。