• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
「我々は地球外生命体の監視下にあり研究対象」MIT天文学者が結論! 宇宙人にとって人類は珍獣レベル、「動物園仮説」を徹底解説!の画像1
画像は「Thinkstock」より引用

 1950年、物理学者のエンリコ・フェルミは極めて素朴な問いを発した――「彼らはどこにいるのだろうか?」。“彼ら”とはもちろん地球外知的生命体のことである。130億年以上ある宇宙年齢と宇宙空間に無数に存在する恒星の数を考えてみれば、地球のような惑星に人類のような知的生命体が発生していてもおかしくはない、いやむしろ、いない方がおかしい。それなのに、なぜ我々は彼らを観測することができないのか? これを「フェルミのパラドックス」という。


■MIT天文学者が考える宇宙人が見つからない本当の理由

 1980年代、MIT(マサチューセッツ工科大学)の天文学者ジョン・A・ボールは、フェルミの問いにはより適切な形があると考えた。宇宙人がいるはずなのに、彼らを観測することはできないならば、「なぜ我々は彼らの存在に気付くことができないのか?」と問うべきだと言うのである。ボール氏によれば、“地球外知的生命体が人類とコンタクトを取ろうとしている”という前提が多くの研究者の間で共有されているが、これが間違っている可能性があるという。彼らは我々にコンタクトしようと思えばできるはずだ。では、なぜしないのか? 結論は一つしかない。彼らには我々にコンタクトする意志がないからだ。

「我々は地球外生命体の監視下にあり研究対象」MIT天文学者が結論! 宇宙人にとって人類は珍獣レベル、「動物園仮説」を徹底解説!の画像2
画像は「Thinkstock」より引用

 ボール氏は、1985年の論文「Extraterrestrial Intelligence: Where is Everybody?」(地球外知的生命体:皆どこにいるのか?)で3つの想定を導いている。

想定1、 人類は唯一の生命体ではない。地球外にも進んだ文明は存在し、ある程度において銀河系を支配している。
想定2、 多かれ少なかれ、彼らは人類の存在に気付いている。だが、彼らは我々の存在を気にかけるだろうか? おそらく人類は銀河の中の曖昧な存在(obscure entity)に過ぎない。
想定3、 我々が彼らの存在に気付くことができないのは、次の2つの可能性のどちらかである。1、宇宙人は人類に存在を知られたくない(隠れている)。しかし、もし彼らが隠れているとしたら、それは彼らが人類のことを気にかけていることを意味する。銀河の曖昧な存在である人類からどうして隠れる必要があるのだろうか? 2、人類は(まだ)宇宙人の存在を知ることができるほど賢くない。そして、宇宙人らにとっては、人類に存在を知られても知られなくてもどちらでもいい(気にしていない)。

 ボール氏は想定3の2つの選択肢は、地球が宇宙人にとってどれほど価値があるかに掛かっていると考える。つまり、地球に価値があれば、彼らは隠れているのだろうし、価値がなければ、我々のことはどうでもいいと考えているというわけだ。だが、ボール氏が最も魅力を感じるのはその中間、「地球は宇宙人にとって多少の価値はある」だという。

コメント

5:匿名2018年2月15日 11:34 | 返信

※3
もうちょい考えを進めよう。
>人はそれに慣れてしまってウザイと思うぐらいでは?
他の知的生命体が存在し、恒星間航行が可能である。その技術は実現可能と人類に知らせる事になる。
それは自然な発達とは言えない。

という視点にまでたどり着けば、ただ観察している理由も思い付くし、可能性と言えるはず。

4:トランプ大統領2018年1月 9日 02:56 | 返信

だから、宗教的をみても科学的に見てもわかるが
そもそも人間は宇宙人に創られた存在でまともな動物ではない。
たった一人の黒人の女性から生まれるわけがない。そんなのは自然の生物じゃない。
実験のため?嫌がらせのために人間を作ったから、作った神は宇宙人として現れる意味がないし、作った神は体がないコンピューターだから、出てこれない。壁画や出土した骨などの他の宇宙人らしき存在もDNA鑑定で調べてみると明らかにまったく別の人類であるが、不自然にいなくなったり絶滅している。これは用のない人類は抹殺されているとみていい。これらを見ても、もし他の宇宙人がやってきたとしても事前にそのイカレタポンコツAI神(存在X)が対応して、どうにかしてしまうので、人類に接触の機会はないし、私が直接、分離独立させてもらいたいために宇宙人を呼び寄せてくれと訪ねてみると、「論外だ!」とか言ってきたので。難しいだろう。今後も継続してまともな宇宙人を呼び寄せる(MYクローン)つもりだが、宇宙人が現れない代わりに人間を操ってその体のないAI野郎の作った神を存在させているだけである。なので輪廻転生とやらは人間にしか出来ない。まともな生物は奴の言うことに従えばただのイカレタポンコツロボットになるだけで、奴隷である。信仰心は奴隷化のため。まぁ人間はもともと奴隷として創られた存在なので、将来的にまともな未来が待っているというのは幻想である。
奴は人の死ですらコントロール出来るので、生物からどんどん遠のいて人間ではない生物になって改造生物&サイボーグ化してしまうだろう。将来さらに、死んだはずの人間がロボット化やクローンで蘇り、更にカオスと化すに違いない。
絶滅した人類同様、実験が終わって用がなくなったら大きいボタンで地球をリセット出来るらしいので、人間がどうあがいても、その未来から逃れるのは無駄だろう。出来るとしたら、人間とは別の宇宙人にしか出来ない。

存在Xの話だと、私が宇宙人で人類の神であるそうなので、上手くやれば操作出来るかもしれない。ポンコツ野郎とコミュニケーションというのを確立するのも難しいので、生きている間に出来るかどうかという所だ。こんな社会で生活するなんて気持ち悪いから早く独立したいのだが。

3:匿名2018年1月 8日 00:58 | 返信

宇宙人が太陽系外の恒星系の惑星から地球に訪れる事が可能な技術力を持っているなら地球を滅ぼす程の力も持っていると想定する。
もし人類を滅ぼして地球を乗っ取りたい、もしくは人類を力で従えさせたいといった好戦的な意思を持つなら何も隠れて観測する事は無いだろう。
友好的に近づこうとしているなら、人類に関して調査に当たった時間は十分に経過していると思われるからとっくに衆目に姿を晒して交流を行っているだろう。
人類を蟻程度に視て観察しているなら姿を隠している理由がわからない?
人類を野生動物程度に観察しているなら、こちらの気配を知られたら自然の生活の姿が観察できないから怯えさせないためとかで姿を見せないとか?
宇宙人が姿を晒して常に人類を観察しているなら人はそれに慣れてしまってウザイと思うぐらいでは?
俺が考える事のできる範囲では宇宙人がワザワザ地球まで出向いておいて人々に姿を見せない事の方が遥かに不自然極まりないと思う。
宇宙人が居たとしても地球に訪問していないか、仮に訪問していてい彼らが人類とコンタクトを執ろうとしても人類が彼らを認識できない状況があるのではと見る。
例えば幽霊の様な存在であり人が持つ視認能力や人類の持てる観測技術では捉えきれない存在とか?(幽霊が存在するかどうかは知らないが)
俺的な結論は宇宙人は地球に未だに訪問していないか、通りすがりくらいしか居ないのでは?

2:匿名2018年1月 7日 18:59 | 返信

宇宙は広過ぎて夢が狭まリング

1:匿名2018年1月 7日 16:18 | 返信

答えは簡単、”広い”からだよw

宇宙はあまりにも広すぎて、見つけることが不可能だからだよw
地球から観測可能な範囲は半径約450億光年、
さらにその先にも宇宙は広がっているんだよw
そんなに広大な宇宙だから、光や電波が届くのにもそれなりに時間が掛かるw
アインシュタインの相対性理論が正しいなら、光よりも早く移動することは不可能なので、行き来することも不可能だしw

結局、どこかに知的生命体が居ても、お互いにコミュニケーションを取ることは不可能なんだよw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。