• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8
TooLate_1.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 緊密なネットワークがくまなく張り巡らされた今日の高度情報化社会においては、時に分刻み、秒刻みの判断と行動が求められる。仕事においても日常生活の上でもあまり遅れをとりたくないものだが、時間については、また別の興味深い見解もあるようだ。時間に遅れがちの人物は、予想に反して実りある人生を送るというのである。


■“遅い人”が充実した生活を送る10のポイント

 時間に正確であることは、現代の社会生活で我々が等しく要求されている社会人としての必要条件だ。単純に遅刻が続けば信用を失い、最終的に組織から排除されることもじゅうぶんにあり得る。

 遅刻の“常習犯”としてレッテルを貼られてしまうのは避けたいところだが、何事においても時間的にギリギリになるまで手を着けないといった“遅い人”も一定数存在する。そして、こうした人は往々にして充実した実りのある人生を送り、社会的に成功するケースも少なくないというのだ。

latepeople1.JPG
画像は「Wikimedia Commons」より

 アメリカの医師、フリードマンとローゼンマンによって定義された性格特性はタイプA、タイプB、タイプCの3つに分けられる。時間にシビアではないノンビリした性格はタイプBに分類されるのだが、タイプBは総じて楽観的でポジティブであり、さらにクリエイティブでストレスを抱え込みにくいといわれている。つまり、タイプBは3つの中で最も健康で充実した人生を送る可能性が高いのだ。

 米・サンディエゴ州立大学のジェフ・コンテ准教授が行なった実験では、1分間が実際にどれくらいの時間に感じられているのか計測されたのだが、タイプAの人々が実際の1分を平均で58秒と感じているのに比べて、タイプBの人は平均77秒に感じていることが報告されている。タイプBの人は時間が長く感じられているからこそ、時間にシビアではないということになる。つまり彼らは、時間に余裕を感じているのだ。そして、オルタナティブ系オンラインジャーナルの「EWAO」によれば、タイプBの“遅い人”が充実した人生を送る10のポイントがあるという。

1. “遅い人”は楽観的である
 自己啓発ジャンルの書籍『Never be late again』の著者であるダイアナ・デロンザー氏によれば、“遅い人”は自ずから物事を楽観的かつポジティブに考えているという。逆にいえば、楽観的でポジティブであるからこそ時間にシビアではなくなるともいえる。そして、いつも時間に追われている人に比べればメンタルに余裕があり、ストレスを受け難いのだ。

2. “遅い人”は情熱的である
 心の乱れや不安な気持ちをメンタルの外に追いやることができた“遅い人”は、より外向的でフレンドリーな存在になることができ、長期的な観点から幸福と成功につながる。

3. “遅い人”は説得力がある
 あまり褒められたことではないのだが、遅刻の言い訳に慣れている“遅い人”は、言い訳に限らず商談や交渉でも説得力を発揮できるということだ。

4. “遅い人”は1日が長い
 前出のコンテ准教授の実験からもわかるように“遅い人”は主観的な時間が長い。それだけに1日で多くの行動と検討に取り組むことができる。のんびりしているように見えて、1日に多くのタスクを処理しているのである。

コメント

8:匿名2018年4月15日 08:19 | 返信

この記事で省かれてるタイプCっての調べてみたが、「自己犠牲的、周囲に気を遣い譲歩的、我慢強くて怒りなどの否定的な感情を表現せずに押し殺し、真面目で几帳面な性格」らしいけど、日本のサラリーマンって大体このCタイプだよね。
ちなみに癌にかかりやすいらしい。

7:匿名2018年4月 8日 11:43 | 返信

これ、毎朝早く来いって言う会社の人に見せてあげたい。

6:匿名2018年4月 7日 18:07 | 返信

これ読んで痛快な気分になってる俺は間違いなく「遅い人」なんだなあ。面白い。

5:トランプ大統領2018年1月14日 11:05 | 返信

本来なら、人間は動物だから時間など気にしないで生活習慣で生きていればいいのだが?
職業によっては稼ぐために効率よくロボットのように動くことを強要されている。
特に日本は時間に厳しいが、効率が悪いという。まったく矛盾している。
まともな仕事の時間計算されていないのか?時間内で終わらなかったり、いつまでも帰らない帰れない人が居たりする。試算されたものが有効で正しいとは言わないが、自殺する人が出るので、政府に働き方改革されるのだ。ちなみにプレミアムフライデーを考えたのは私だ。
いや自分の都合でなんとなく早く金曜日に帰って、アウトドアに行きたいなと思ったからである。だがこんな時間に厳しい日本でも
仕事以外の約束の時間というのは、かなり守られないことが多い。
時間通りに来る奴はそんなにいない。約束すら忘れているし、約束したと思っていない人もいるし、仕事ではないので守る必要がない。早くいかなければ得しない約束でなければ早くいかないだろう。これが普通の人間。
記事でいう遅刻魔は脳の機能がおかしい人は含まれていないようだが?どう判断するのだ?
それと、外国人はほとんどルーズである。時間など守らない。
この記事は一体どこの国の情報なのかわからん。
捏造したのか?環境や人種によっても考え方が違う!残業して作り直せ。

4:匿名2018年1月14日 02:32 | 返信

遅刻魔のうち成功を収めてるのは何パーセントなんだろうね。ほぼニートになってると思うけど。

3:匿名2018年1月14日 01:21 | 返信

限られた時間を有効に使ってるんじゃなくって人から盗んだ時間なんだけどな

2:匿名2018年1月13日 14:14 | 返信

はいはい、物は言い様言い様
真に受けたら実社会で痛い目見る典型

1:匿名2018年1月13日 12:16 | 返信

違うよw
単に「鈍感」なので図太く生きていけるから

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。