• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■切り取られた天文学の父の指と歯

1801_naporeon_05.jpg
画像は、「Universe Today」より

 16世紀~17世紀にかけて天文学を研究したイタリアの科学者、ガリレオ・ガリレイ。2009年に彼の指と歯が美術品収集家に発見され、“身元不明の人物”としてオークションにかけられた。18世紀のイタリアで博物学者として活躍したジョヴァンニ・トッツェッティは有名な科学者の遺体から指や歯を切り取っており、ガリレオの指と歯も彼によって切り取られたものらしい。現在、指と歯以外のガリレオの遺体はフィレンツェにあるサンタ・クローチェ教会に埋葬されている。

1801_naporeon_06.jpg
画像は、「WIKIPEDIA」より

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。