• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
ドラマの主演に若手俳優がいない!? 今、若手俳優はどうなっているのかの画像1
※イメージ画像:日本テレビ系『トドメの接吻(キス)』公式サイトより

 年が明け、2018年も1月クールのドラマが始まった。見渡してみると20代以下の男性俳優が主演を務めるドラマが少ないことに気づく。目立つのは『トドメの接吻』の山崎賢人、『もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~』(ともに日本テレビ系)の山田涼介くらいではないか。

 一昔前であれば、ドラマの主演には20代男性俳優がずらりと並んでいた。今の若手俳優は伸び悩んでいるのだろうか。

 前出の山崎は2017年に『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』、『斉木楠雄のΨ難』、『氷菓』と3本の映画の主演を務めた。『斉木楠雄』は公開2日で興行収入およそ2億円のヒットスタートを記録するも、『ジョジョ』は興行成績ランキングにて初登場5位、翌週からは10位圏外。『氷菓』に関しては初週から興行収入ランキングのベスト10圏外だった。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。