>  > 異常セックスで女性が“全裸転落死”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

日刊サイゾー

【日刊サイゾーより】

 1月6日早朝、タイのリゾート地・パタヤで、ホテル5階のバルコニーから女性が転落、後に死亡するという事件が起きた。

 大きな衝撃音を聞いたホテルの警備員が外に出ると、全裸の女性が地面に倒れており、その周囲は血の海と化していたという。発見時、彼女にはまだ息があったが、搬送先の病院で死亡が確認された。転落により、頭部を含む全身を強打したことが死因とみられる。

 警察の調べにより、女性の身元はワニパ・ジャンファソーンさん(26)と判明。彼女が性的サービスを提供するバーの従業員として働いていたこともわかった。

 また、倒れていた彼女の傍らからは、主成分がバイアグラと共通する勃起薬の包みが半分ほど残った状態で発見された。さらに、彼女が倒れていた場所に面した建物の5階の部屋からは、使用済みのコンドームや、脱ぎ捨てられた彼女の衣服も見つかった。こうした状況から、転落の直前、彼女と共にホテルの部屋にいた人物がなんらかの事情を知っているものとみて、警察は捜査を開始。勤務先のバーから彼女を連れ出していた英・バーミンガム出身の男、リース・ベラ容疑者を割り出した。


彼女の転落現場から発見された勃起薬の包み

彼女の死に関与したとして逮捕された英国人男性
 翌日、警察はパタヤ市内にいたべラ容疑者の身柄を過失致死の容疑で拘束。その後の取り調べで、ワニパさんの転落前後の状況が明らかになった。

 警察が公表した情報によると、ベラ容疑者は彼女をバーから連れ出し、問題の部屋にチェックイン。ちなみにこの時、1,500バーツ(約5,200円)という条件で「商談成立」していたという。

 そして部屋のバルコニーで「異常で、いきすぎたセックス」に及んだ結果、彼女が転落。取り乱したベラ容疑者は、自身がオーバーステイ状態だったこともあって、現場から逃走。途中、バイクを盗むなどして、宿泊していた別のホテルに戻っていた。べラ容疑者は近く、起訴される見通しだという。

 それにしても、わずか5,000円あまりで春をひさぎ、命まで失ったワニパさんの無念を思うと言葉もない。

人気連載

【実話怪談】時計が止まったとき ― “祓えんほど強か念”が円満夫婦を恐怖に陥れる!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

【廃墟】祠やお稲荷さまの「墓場」を青森県で発見! 取材中に謎の男と遭遇し、トンでもなく不吉な事態に…!

撮影=酒井透  青森県つがる市にある「高山稲荷神社」。この神...

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年1月15日 23:58 | 返信

やっぱりタイはまだまだ発展途上国なんだな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。