• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
関連キーワード:

クレーム

,

吉沢ひかる

,

平昌五輪

0112claim_main.jpg

 2月9日から韓国の平昌で開催される第23回オリンピック冬季競技大会。フィギュアスケートなど注目競技も多く、日本からも各テレビ局のスタッフが現地入りする予定となっている。しかし、この五輪中継に関して昨今ならではの面倒な事情が聞こえてきた。

「今回の五輪中継はこれまで通りに各局が主力アナウンサーを送り込んで現地中継に備えます。しかし、実況や解説、選手インタビューなどの内容に関してこれまでの五輪中継以上に気を使う大会になりそうなんです」(テレビ局関係者)

 中継に気を使うとは、どういうことなのか。

「実況するとなればさまざまな言葉を使いますが、視聴者からのクレームが寄せられないようにするため、言葉遣いに細心の注意を払う必要があるんです。過去には、金メダル獲得選手に『おめでとう』といった際に『負けた人のことを考えろ』とクレームが来ました。さらに『がんばれ』といえば『選手が頑張っていないと思っているのか』と責められるので中継を担当するアナウンサーたちも頭を抱えています」(同)

 すべての言葉を逆説的にとらえて、まるで言葉狩りのような状態がここのところ続いているため、五輪中継のアナウンサーは苦労しているようだ。しかし、ここまで制約されてしまえばまともな実況など不可能ではないのか。

関連キーワード

コメント

5:匿名2018年1月28日 15:59 | 返信

競技直後の選手に 今日の敗因は?と
インタビューして選手を泣かせる バカっぽい女子穴wのほうが
見てて不愉快だな
キズをえぐるような質問しか出来ないんだから


4:匿名2018年1月27日 14:34 | 返信

愚にも付かないクレームに反応するから図に乗る
バッサリ門前払いで無視しておけばいい

3:匿名2018年1月27日 11:06 | 返信

多分テレビ業界に巣食う在日が悪い

2:開花神道2018年1月26日 09:18 | 返信

クレームの大半は、報道を逸脱した「人気取り」「ええカッコしい」「感情の吐露」に対して行われているのだけどね。

ただ淡々と事実だけを伝えていれば、クレームなんぞつけようもないのだし、伝える側がTPOをわきまえていて、時には黒子に徹する様なプロ意識さえ有してさえいれば、何の問題もないんじゃなかろうか?

伝える技術の低さを、その場の盛り上がりやライブ感で補おうとするプロ未満な人が増えたから、自ずとクレームが増加してるんじゃないの。

1:匿名2018年1月26日 08:07 | 返信

 「貴重なご意見有難うございました。今後の参考にさせて頂きたく存じます。また何かございましたら、ご教示頂けましたら幸いです。本日はお忙しい中、私共の放送をご覧いただき、かつまた番組の質向上に資するご高見賜りましたこと、深く御礼申し上げます。今後とも我が局の中継をお楽しみいただけますよう、一同、願っております。本日は誠にありがとうございました。これにて失礼させていただきます」とでも答えておきましょう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。