>  >  > 【衝撃】頭部は犬で躰は毛虫…超奇妙なエイリアン生物が激写される!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

トリニダード・ドバゴ

,

幼虫

,

生物

,

 今月9日、Facebookにまたしても奇妙な生物の動画がアップされ、35万シェアを超えるほどの話題になっている。映っていたのはふさふさした毛の生えた不思議な外見と、愛らしさすら感じる動きを見せる謎の生物。その姿はまるで犬と毛虫のハイブリッドエイリアンのようだとして、多くの人々の注目を集めている。

■犬のようにも毛虫のようにも見える

 話題の動画を撮影し、Facebookにアップしたのはトリニダード・トバゴのNeil AliBocasさん。AliBocasさんは地元の狩猟・釣りの同好会(Trinidad & Tobago's Hunting & Fishing Facebook Group)に参加しており、グループのページには様々な生物の画像や動画がアップされている。

 そして今回、AliBocasさんは「誰かこれが何なのか教えてくれ」とコメントを付けて、奇妙な生物の動画をアップした。動画は18秒ほどで、茶色い毛に覆われた謎の生物がコンクリートの地面の上を這いまわる様子が映されていた。

0115creature-1.jpg
画像は「Facebook」より引用

 頭部にはふさふさとした長い毛と耳のようなものが生えており犬のようにも見えるが、胴体の部分は平べったく、裏側に生えた何本もの足を波打たせて前に進んでいく。この動きは、まるでムカデや毛虫、あるいは深海を這い回る深海生物のようだ。Facebookには「まるでポケモンだ!」「トランプ大統領の髪の毛が落ちて生物になったんだ」など多数のコメントが寄せられている。

0115creature-2.jpg
画像は「Facebook」より引用

人気連載

【実話怪談】時計が止まったとき ― “祓えんほど強か念”が円満夫婦を恐怖に陥れる!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

【廃墟】祠やお稲荷さまの「墓場」を青森県で発見! 取材中に謎の男と遭遇し、トンでもなく不吉な事態に…!

撮影=酒井透  青森県つがる市にある「高山稲荷神社」。この神...

関連キーワード

コメント

2:匿名2018年1月19日 07:20 | 返信

ただの「毛虫」w

1:匿名2018年1月19日 02:09 | 返信

いまさらボリビア・バグかよ。何年遅れのネタだよ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。