>  >  > 10年後に世界初の“解凍人間”が出現すると専門家断言!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
【人体冷凍保存】10年後に世界初の解凍人間が出現すると専門家断言! 「みんな永遠に生きればいい。より良い世界になる」の画像1
画像は「Daily Star」より引用

 現在の医学では治癒困難な病に冒された人々の体を冷凍保存し、未来の医療技術の進歩に託す「人体冷凍保存(クライオニクス)」。すでに世界中では数百人が全身、あるいは脳を含めた人体の一部を冷凍保存しているが、問題は解凍技術がまだ存在しないことだ。冷凍保存されている人々は医療技術の進歩だけではなく、解凍技術の開発も未来の科学者に託しているのである。そんな中、英紙「Daily Star」(15日付)が朗報を伝えている。なんと、10年以内に解凍技術が開発されるかもしれないというのだ!


■人体解凍技術にブレークスルー

 トカナでもお伝えしたが、解凍技術におけるブレークスルーが昨年夏にあった。これまでの技術では、冷凍した胚(受精卵)を解凍時に均一に温めることができず、無事に解凍することが困難であったが、冷凍時に「金ナノロッド」と呼ばれる極小の金属物質を混ぜることで、解凍レーザーの熱が均一に伝わり、冷凍された胚を素早く温めることが可能になったのだ。しかし、この技術をもってしても、蘇生した胚は全体の10%に過ぎなかったという。このような不完全な解凍では、多額を投じて冷凍保存された人々が浮かばれない。


■10年後に解凍・蘇生技術が開発される可能性

【人体冷凍保存】10年後に世界初の解凍人間が出現すると専門家断言! 「みんな永遠に生きればいい。より良い世界になる」の画像2
それぞれの容器で人体が冷凍保存されている「Daily Star」より引用

 かつて、ナノテクノロジーの研究者であるロバート・フレイタス氏は、1986年の著書『Engines of Creation』において、2040年~2050年頃に冷凍保存された人体の解凍技術が開発されると予言している。だが、人体冷凍保存の研究・開発を行っている米非営利団体「Cryonics Institute」社長のデニス・コワルスキー氏によると、予想よりも早く解凍技術は開発されるかもしれないという。

「現在では当たり前の心肺蘇生法も100年前では信じられないものだったことでしょう。幹細胞技術の発展にもよりますが、人体の解凍は100年以内にできるようになることは間違いありません。しかし私は、早ければ10年後には可能だと思っています」(コワルスキー氏)

人気連載

【実話怪談】時計が止まったとき ― “祓えんほど強か念”が円満夫婦を恐怖に陥れる!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

【廃墟】祠やお稲荷さまの「墓場」を青森県で発見! 取材中に謎の男と遭遇し、トンでもなく不吉な事態に…!

撮影=酒井透  青森県つがる市にある「高山稲荷神社」。この神...

コメント

5:匿名2018年4月 8日 06:39 | 返信

100年後に復活されても、
原始人のような感覚で文明についていけなさそう。

過去人を養う施設もしっかり完備してもらわないと、しんどそう。

4:匿名2018年1月21日 11:28 | 返信

魂はどうなる?
現時点で死後の肉体は生きてる人に移植すればまた動かせる位、体は動かせる
でも生きる=動くには魂が必要だろ
解凍できても病気を克服できても、元の体を動かせるバッテリー=魂がなければ意味がないだろと思う

3:匿名2018年1月17日 10:30 | 返信

何でそんなに生きたいんだろう
人生は限りがあるからこそ価値があると思う
技術が進んでいくのは素晴らしい事だとは思うけど冷凍されてまた生き返って…自分はそうなりたいとは思わないなー…
あくまでも私個人の意見だし、人それぞれだとは分かってるけれど。
そのうち、人生は一度限りなんて言葉も無くなるのかな

2:匿名2018年1月17日 01:12 | 返信

無理矢理寿命伸ばしてもいいことなさそう

1:匿名2018年1月16日 19:40 | 返信

「永遠に生きたいと思わないことにどんな道理があるというのですか。あなたが20歳で死んでしまったとしても、さらに100年生きればよいではないですか」(コワルスキー氏)

ちょっと何言ってるかわかんないw

20歳で死んでるじゃんw永遠に生きてないでしょw
凍らせて100年保存されても、生きてるとは言えないw

コイツバカ?w

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。