• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

「ブーツが臭い」問題 原因の角質・雑菌・汗のムレ対策でニオイを改善の画像1
ブーツの季節の足のニオイ対策は?(http://jp.depositphotos.com)

 ブーツを履いて、街角を颯爽と闊歩する女性たち。小寒い冬ならではの風物詩。飲み会でブーツや靴を脱いで座敷に上がる機会も増える……と、足の臭いが気になる季節でもある。
 
 <スメハラ>が認知されてきた昨今、汗をかく夏場は臭い対策を心がけている人も多い。だが、意外と気になるのは、冬場の臭い。

 ところで、なぜ足は臭うのだろうか? 

足のニオイの3大元凶<角質、雑菌、汗のムレ!

 まず、足の角質は厚いため、大量の垢に変化しやすい。足の皮膚に棲む大量の雑菌(常在菌)が垢を分解すると、イソ吉草酸(きっそうさん)などの脂肪酸を生成するので、あの「すえたニオイ」が発生する。

 また、足は体の中で最も汗腺が密集しているが、足に靴下やストッキングを重ね、さらに靴やブーツを履くと、足は高温多湿の「ムレ状態」となるため、雑菌がますます繁殖し、足のニオイの原因になる。

 つまり、足のニオイの3大原因は、角質、雑菌、汗のムレだ。特に冬でも足の裏に汗をかきやすい多汗症の人や、人前で汗をかく精神性の発汗に悩む人も少なくない。足のニオイは、実に悩ましい。

ブーツは<使い捨てカイロ><お菓子の乾燥剤>で陰干し

 足のニオイ対策を考えよう――。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。