• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

 昨年10月に「謎の惑星・ニビルが地球に最接近してこの世の終わりが始まる」と“予言”して世間を騒がせた聖書研究家のデイビッド・ミード氏がまたしても新たな“終末予言”を主張しているのだが――。

raptureinapril1.JPG
Express」の記事より


■「2018年4月の早い時期に第三次世界大戦が勃発」

 CIA長官のマイク・ポンペオ氏は昨年10月に北朝鮮は現在、アメリカをミサイル攻撃できる能力を獲得する寸前にあるとコメントしている。具体的には2018年の3月には北朝鮮が北米大陸を核攻撃できる戦力を持つということである。

 そしてこの時期に注目しているのが昨年の“ニビル騒動”の中心人物であった聖書研究家のデイビッド・ミード氏だ。ミード氏によれば、この時期は聖書的に「教会時代」が終わり「患難時代」に突入する時期であり、その時代の転換点としてキリストの再臨が起るという。そしてこの時代の転換点こそが、北朝鮮が引き金となった第三次世界大戦の勃発に重なるというのだ。

「2018年4月の早い時期に教会時代が終わり、キリストによる携挙が起ります。この後すぐにアンチ・キリストが誕生し、惑星X(ニビル)の出現と第三次世界大戦の勃発が続くでしょう」とミード氏は陰謀論サイト「PlanetXnews.com」に寄稿した記事の中で述べている。

 この“終末の日”の具体的な日付は設定しないということだが、この聖書的な“終わりの始まり”の日は2018年の“春”であり“4月”であるとしている。北半球では世界各地で記録的な寒波に襲われていることもあり、いつも以上に春が待ち遠しいとも言えるのだが、ミード氏の“終末予言”を知らされた今となっては本格的な春の到来が不吉に感じられてくるかもしれない。

コメント

8:匿名2018年4月10日 20:35 | 返信

はい、外れました。

7:匿名2018年1月24日 08:26 | 返信

んーとことしの4月から世界対戦が始まると七年後は2025年で2021年から氷河期に入るのか?でもなーここに載ってるってことはそうゆうことだよな(当たらない)

6:匿名2018年1月21日 21:20 | 返信

認知症疑惑のトランプ大統領の方がww3を引き起こしそうだけどなw
二ビル研究者の予言なら安心だわ

5:匿名2018年1月20日 11:03 | 返信

ガチはデマ覚えておこう 棒

4:匿名2018年1月19日 18:36 | 返信

いつもしんじの記事ウケるw

3:匿名2018年1月19日 17:53 | 返信

しんじを見つけた!
ということは、この場合は確実に四月には起こらないという事が言える。

2:匿名2018年1月19日 16:27 | 返信

いい加減にしろよ仲田しんじ‼︎
どんだけ悪質なデマを流せば気が済むんだ

1:匿名2018年1月19日 16:13 | 返信

このサイトの予言当たらなすぎてやばい
とりあえず4月にはめつぼうしないことは分かった。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。