>  >  > 残虐すぎるイランの公開絞首刑! クレーンで吊り上げ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

20180121_execution_01.jpg
画像は、「BestGore」より

 先月28日、イランでは卵の急激な値上に端を発し、北東部マシャドにて反政府デモが発生した。デモはSNSなどを通じて首都テヘランを含む50都市以上に拡大。経済や汚職への不満を背景に、ロウハニ大統領の辞任要求や最高指導者のハメネイ師に対する批判までもが噴出している。治安部隊との衝突でデモ参加者23人が死亡、千人以上が拘束された。こうした事態を受けて、テヘランの革命裁判所の幹部は今月2日、拘束されたデモ参加者に厳罰で臨むことを明らかにした。デモを扇動した者には、死刑が適用される可能性もあるという。

 このようにイランでは、政治的・宗教的な理由から死刑判決が下される。死刑の方法も、クレーンを使った絞首刑や石打ち刑など残虐だ。そんな死刑のワンシーンを海外の過激動画サイト「BestGore」から紹介しよう。

 西アーザルバーイジャーン州サルマスで今月11日、殺人の有罪判決を受けたフセイン(39)の公開処刑が行なわれた。大勢の人たちが取り囲む広場の中央で、クレーン車の荷台に3人の男たちが立っている。首にロープをかけられているのがフセインだ。死を前にして祈りを捧げているのだろうか? しきりに手を動かしている。そして、クレーンが動いてフセインの体は宙に浮く――。吊り下げられたフセインは手足を動かしながら、即死できずに悶え苦しむのだった。

 安楽死からは程遠い、苦痛を長引かせるこの処刑方法は、未成年にも適用される。今月4日には、18歳の男性が絞首刑で処刑された。彼は、16歳のときに6歳の少女をレイプし殺害した罪で死刑判決を受け、2016年10月には死刑が執行される予定だった。しかし、未成年者への死刑は、イランが批准している国際人権条約の自由権規約や子どもの権利条約にも違反する。そのため、国際社会からの強い圧力があり、死刑執行は延期されていた。

 残虐な処刑方法や未成年者への死刑執行が非難の的となっているイランだが、一方で薬物犯罪に関する法律の改正によって、5000人以上の死刑囚が死刑を免れたという。今回の法改正は、イランが国際社会へ歩み寄ろうとしていることの表れなのかもしれない。死刑制度の在り方をめぐってイランの政治は揺れ動いている。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

4:匿名2018年1月24日 12:31 | 返信

日本の凶悪犯も公開処刑して欲しい
ミセシメになるし

3:匿名2018年1月23日 17:45 | 返信

一応前置きを言っておくと、元から死刑廃止論者です。
イランに数年住んでました。また近々戻ります。あのね、これは実物を見てからコメントして欲しい。ユーチューブにも動画あったはずだから。
死刑じゃなくて、これはショーだよ。

2:匿名2018年1月23日 02:42 | 返信

明確な物証があり疑い様の無い利己的な欲求に基づいて行った凶悪な犯罪を犯した者には
それに相応しい残酷な方法での処刑を認めても良いと俺は思う。
死刑は人権侵害とか言うが被害を被った当事者もしくはその遺族が犯罪者の死刑を望み少しでも
溜飲を下げられるなら野蛮と言われるかもしれんが認めることができるし、その後に同じ様な
凶行に及ぶ者に対して少なからず抑止となると信じたい。

1:匿名2018年1月22日 23:31 | 返信

これ見て死刑を廃止すべきとはならない

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?