>  >  > 薬の効き目が飲む時間で変わる
特集「「時計遺伝子」って何?」第2回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

抗がん剤は夜中の投与が効率的?薬の効き目は飲む時間で変わる!の画像1
薬を投与する「時間」で効果が変わる(http://jp.depositphotos.com)

 時を刻む「時計遺伝子」が約24時間周期のリズムを生み出し、体内時計のしくみが働くことで、我々の体はさまざまな調節を自動的に行っている。

 体内時計の乱れは、さまざまな病気や不調を引き起こす原因となる。反対に、体内時計のリズムを正しく維持することで病気を未然に防いだり、改善したりすることも可能と考えられている。

 それを医学的に研究し、治療に応用することを目的した「時間医学」に今、注目が集まっている。長年、この分野の研究と治療への応用に取り組んできた、大塚邦明医師(東京女子医大名誉教授)に訊いた。

夜中に「抗がん剤」を投与してがん細胞を狙い撃ち

 「たとえば、がん細胞は正常な細胞とは増殖・分裂のリズムが異なります。正常細胞の分裂・増殖は体内時計に基づき、朝から昼に向かって活発化し、夕方から夜にかけて低下し、真夜中に沈静化します」

 「一方、がん細胞の増殖・分裂リズムは一定ではないものの、寝ているときに活発になり、昼間は低下することが多い傾向があります。この時間のズレを利用して、例えば、夜中に抗がん剤を投与することでがん細胞を狙い撃ちし、効率よく治療するといったことが可能になります」(大塚医師)

 63名の卵巣がん患者に対して同じ抗がん剤を、時間を考慮しない通常の方法で投与した場合と、投与時間を工夫した時間治療を行った場合とで、効果を比較した調査がある。

 その結果、投与時間を考慮しない場合は5年生存率が0%だったのに対して、時間を考慮した治療では最大78%と大きく明暗が分かれた。この報告は、医学界に衝撃をもたらした。

 現在では「体内時計の乱れが発がんの重要な原因の一つ」であるとも考えられている。以前から、夜勤やシフトワークのある人、国際線のパイロットや客室乗務員には、がんが多いという報告があった。それには、体内時計の乱れや時計遺伝子の異常が関与していることが近年、明らかになってきた。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。