>  >  > シャブで逮捕!西山茉希の元事務所社長がヤバすぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

奴隷契約

,

西山茉希

,

覚醒剤

51IcRrQYDaL._SX373_BO1,204,203,200_.jpg
西山茉希 ファースト写真集 ([テキスト])』(ground)


 人気モデルの西山茉希がかつて所属していた芸能プロ「オフィスエムアンドビー」の社長、池田啓太郎容疑者(52)が、22日までに覚醒剤取締法違反(使用)容疑で警視庁南大沢署に逮捕されていたことがわかった。発端は昨年10月に同署に寄せられた1本の電話。ある30代女性の親族から「娘が暴れている」と通報があり、捜査員が駆けつけ調べたところ、女性の体内から覚醒剤の陽性反応が出た。

 女性は逮捕されたが「その際に女性から『池田もやっている』という主旨の証言を得た」(捜査関係者)という。当局はただちに東京・杉並区にある池田容疑者の自宅を捜索。捜査員が踏み込むと、池田容疑者はベランダで意識不明の状態で倒れていた。周囲には睡眠薬や精神安定剤が散乱していたという。

「池田はそのまま都内の病院に入院。体から覚醒剤反応が出たため、回復を待って逮捕という算段だったが…」(同)

 あろうことか、池田容疑者は逃亡。当局は指名手配して行方を追い、昨年12月15日に長野県内で車を運転しているところを発見し、逮捕した。長野県内のマンションからは覚醒剤と使用器具を押収。同容疑者は今月5日付で再逮捕されている。

 調べに池田容疑者は「仕事のストレスがあった」と供述。池田容疑者を知る芸能関係者によると「口がうまく、イケイケな印象。それが昨秋ごろから、会話はしどろもどろになり、深夜に支離滅裂な電話をかけるようになった」という。

 昨年は“稼ぎ頭”だった西山が給与未払いなどを訴え、事務所を離脱。池田容疑者は最後まで納得がいかず、一部ワイドショーの取材に「(裁判するのなら)これでもかっていうくらいやり返しますよ!」と啖呵を切っていた。スポー
ツ紙記者によると「その間、西山の異性スキャンダルをリークしまくっていた」という。タレントとのトラブルはこれだけではない。数年前には女優・高岡早紀や元「モーニング娘。」の加護亜依、ソニンらが出演するセクシー映画の
製作話を持ちかけ、それを信じた制作会社からおよそ1億7000万円を騙し取ったと一部で報じられた。

人気連載

【実話怪談】時計が止まったとき ― “祓えんほど強か念”が円満夫婦を恐怖に陥れる!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

【廃墟】祠やお稲荷さまの「墓場」を青森県で発見! 取材中に謎の男と遭遇し、トンでもなく不吉な事態に…!

撮影=酒井透  青森県つがる市にある「高山稲荷神社」。この神...

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年1月24日 22:55 | 返信

芸能界のシャブは根が深い様だな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。