• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

アイルランド

,

インプラント

,

歯科

,

虫歯

 この惨状であれば当然だが、シェリダンさんの歯の痛みは非常に強く、時には眠れないほどだったそうだ。柔らかなサンドイッチすら痛みで食べられなくなり、この10年ほどはヨーグルトとシリアルを混ぜたものやスープといったものしか口にしていなかったという。皮肉なことだが、多量の炭酸飲料から得るカロリーのおかげで、一日一食でも耐えられたのだ。


■友人の厚意

 だが、そんなシェリダンさんに幸運が舞い降りた。趣味の水球で出会った歯科医デビッド・マーナガンさんが彼の口内の状態に気づき、無料での治療を申し出たのである。

0123dental-4.jpg
シェリダンさんとマーナガンさん。画像は「Mirror」より引用

 昨年11月、シェリダンさんはマーナガンさんの紹介で治療を受け、根元までダメージを受けていた27本の歯を全て抜歯し、人工歯根に入れ替えるインプラント手術を受けた。手術は大掛かりなものだったが、それまでの痛みに比べればまるで苦痛ではなかったとシェリダンさんは語っている。なお治療にはおよそ5万ユーロ(680万円)かかったが、マーナガンさんと同僚たちの厚意により、シェリダンさんは無料で治療を受けることができた。

 以前は口臭を気にして友人と話すのにも気後れし、痛みのためにパートナーや家族との食事も楽しめなかったというシェリダンさん。手術の直前からは炭酸飲料を飲むことをやめ、栄養士や心理カウンセラーにも指導を受けているという。だが彼の治療はまだまだ続く。口の中の健康がいかに大切かを思い知らされる一件である。
(編集部)

参考:「Mirror」ほか

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。