• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 瞑想状態のまま絶命し、ミイラ化した仏教僧は「即身仏」として世界中の仏教圏で崇拝されている。この度、東南アジアの仏教国タイで即身仏になった僧侶が死後に“微笑んだ”という、にわかに信じがたいニュースが飛び込んできた。


■仏教僧が即身仏化、死後の笑みも

 英紙「Daily Mail」(22日付)によると、タイ・ロッブリー県で長年にわたり出家生活を送っていたタイの高僧Luang Phor Pian氏が92歳で入寂(にゅうじゃく)。16年前から体調を崩しており、入退院を繰り返していたのだ。

死から2カ月後、にんまり微笑んだタイ僧侶のミイラ! 完璧な涅槃の証拠、躰から虹を発することもの画像1
画像は「Daily Mail」より引用

 死後、Pian氏の遺体はロッブリー県の仏教寺院に安置されていたが、今週、衣服を取り替えるために2カ月ぶりに棺から遺体を取り出したところ、驚くべきことが判明した。なんと、Pian氏の遺体は防腐処理を一切していなかったにもかかわらず、完璧な状態で保存されており、顔にはそれまでなかった笑みが浮かんでいたというのだ。一説によれば、これはPian氏が悟りの境地であるニルヴァーナ(涅槃)に至った証とのことだ。

死から2カ月後、にんまり微笑んだタイ僧侶のミイラ! 完璧な涅槃の証拠、躰から虹を発することもの画像2
画像は「Daily Mail」より引用

 仏教には死とともに完全な涅槃を迎えるという考え方があり、涅槃を2種類に分けることがある。1つは「有余涅槃」といい、これは精神的な涅槃を指すが、肉体の生理的欲求は保持した状態のことをいう。もう1つは、「無余涅槃」といい、肉体の生理的欲求さえも離れた完全な涅槃のことをいう。おそらく、Pian氏は死によって最高の境地である無余涅槃に至ったのだろう。それが、死後の笑顔の意味ではないだろうか。

コメント

1:匿名2018年1月24日 16:34 | 返信

>16年前から体調を崩しており、入退院を繰り返していたのだ。
これだな、生前に投与されていた薬品等があって、それは何か関係しているんだろう

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。