>  >  > 独占入手!“ベテラン廃墟マニアでも入れない”「秘宝館」廃墟写真!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
fujihihou_07.jpg

 群馬県利根郡みなかみ町の藤原温泉に“ベテランの廃墟マニアでも入ることのできない”とされている「秘宝館」の廃墟がある。

 この物件は、『藤原郷精魂宮(藤原精魂宮)』と呼ばれていて、同温泉にあるホテル藤原郷が所有していたが、2007年10月に倒産してからは放置されている。今回、その内部の写真を入手した。

 鳥居のすぐ後ろにある「秘宝館」の中には、摩訶不思議なオブジェがいくつも並んでいる。『パプアニューギニアの精器の信仰』や『印度ヒマラヤの鳳凰錦鶏の尊鶏』と書かれたオブジェ。100円入れないとご利益がないという『聖酒慈母観音』。そして室内の奥には、「○×権現」や「○○神」などといった男根や女陰のオブジェもある。女性と巨大タコが絡んでいる春画は、とてもキッチュでカワイイ。

fujihihou_05.jpg
fujihihou_01.jpg

 展示の規模はさほど大きくないが、これほど奇妙なものが並んでいることを考えると、「秘宝館」と言うことができるだろう。廃墟マニアが「何とかして入ってみたい!」というのも頷ける。ましてや秘宝館マニアだったら絶対に欲しくなるものばかりだ。

関連キーワード

コメント

2:匿名2018年1月27日 11:12 | 返信

10万年後の福島原発も廃墟マニアがいれば…

1:匿名2018年1月26日 18:10 | 返信

廃墟になって100年ってのは盛りすぎではwww
廃墟になって10年の間違いでしょうかね。
貴重な写真をありがとうございます。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。