• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
0125matumoto_01.jpg
※イメージ画像:『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!(祝)ダウンタウン結成35年記念 DVD 初回限定永久保存版(23)(罰)絶対に笑ってはいけない科学博士24時 』

 大みそかに放送された『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』(日本テレビ系)での浜田雅功のブラックフェイス(黒塗りメイク)問題になっている。そして、同番組に企画構成としても参加する松本人志が、年明けの『ワイドナショー』(フジテレビ)で見解を述べた。

 松本は「浜田が悪い!」と笑いを交えたコメントをしたものの、真顔で「ルールブックを作ってほしい」と訴える場面もあった。ブラックフェイス問題の是非は別にしても、松本が求めた「ルール作り」に関しては業界内では話題を呼んでいるという。

「今回の黒塗りメイクが各所で騒がれ、局にクレームも寄せられました。その結果、番組の担当者が上司に呼ばれたのですが、その際に『俺は最初からヤバいと思っていた』『俺は最初から気づいていた』というニュアンスの発言があったそうです。結果が出たあとで後出しジャンケンのようなことをする輩はどこの組織にもいますが、これが松本の耳にも入り、責任逃れのようにとられたみたいですね。そのため、『最初からマルかバツかを明文化しろ』と、ルール作りの話になったといわれています」(テレビ局関係者)

 たしかに結果論でものを言う輩はあらゆる組織に存在する。松本が日本テレビ上層部へ嫌悪感を抱いても仕方のないことだろう。あらかじめルールを作って明文化しておけば卑怯な逃げ道も作らなくて済む。松本も局の上層部が国内外で非難されているとわかるや逃げ出し、番組スタッフだけが悪いといわれる状況がたまらなかったのかもしれない。

「番組も悪意を持って作っているわけではないものの、結果として誤解を招く内容もあります。テレビの自主規制はこれまでもさまざまなものが作られてきましたが、クレームがきてから決められることがほとんどです。

 だから今回の件も反省材料にして次回から気を付けようというのが通常の流れ。それなのに、上層部からこのようにいわれてしまうと、まるでハシゴを外されたように感じ、憤慨しているのでしょう。注目の年越し特番ですから上層部が事前チェックせずに放送しているわけもないのですから、保身に走るような発言をされると、誰だって怒りたくなりますよ」(同)

コメント

2:匿名2018年1月29日 09:47 | 返信

松本ごときの意見とかを取り上げすぎ。
単なる一芸人なんだし、見識なども特段に優れているわけではない。
不快だね。

1:おじじあ2018年1月29日 03:18 | 返信

松本人志って、スゲェ偉そうなんだけど、なぜ? 単なる芸人だよね?
芸人としては認めるけど、それ以上ではないと思う。
周りが彼をつけ上らせている。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。