>  >  > エイリアン信号「光速電波バースト」の謎、ついに解明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 この広大な宇宙の中で、毎日5000~1万回も謎の“閃光”が発生しているのをご存じだろうか。それは発生のメカニズムがいまだに解明できていない高速電波バースト(FRB)と呼ばれる光だ。


■宇宙空間の謎の閃光「高速電波バースト」とは

 近代天文学の歴史は長いが、ほんの10年前に発見されたばかりの怪現象が「高速電波バースト(Fast Radio Burst、FRB)」という、この大宇宙で頻繁に発生している謎の“閃光”だ。

 高速電波バーストは数十億光年というとてつもない遠方の他の銀河から届いている閃光であることが算出され、どういうわけが我々の天の川銀河内では発生していないことも浮き彫りになった。そして詳細に分析してみると全天で1日に5000~1万回も発生しているというから驚きだ。

faradayrotation1.JPG
Daily Mail」の記事より

 2007年の発見以来、専門家たちは高速電波バーストの発生源と発生のメカニズムの解明に取り組み、いくつかの有力な説明も提示されることになったが、いまだに決定的な仮説は登場しておらず論争が続いている。

faradayrotation2.JPG
Daily Mail」の記事より

 それでも、この間にひとつの大きな前進があった。複数の最新型望遠鏡を使って高速電波バーストを繰り返し発生する「FRB 121102」という天体を特定できたのだ。FRB 121102は地球から30億光年の彼方にあり、定期的に高速電波バーストを放出していることが確認されたのである。

 米・コーネル大学の研究チームが突き止めたFRB 121102だが、高速電波バーストの発生のメカニズムについては決め手となるような解釈は伴うことはなかった。しかし先日、説得力を持つモデルとなり得る新説が登場している。

コメント

3:トランプ大統領2018年1月29日 01:51 | 返信

タイトルが間違っているよ。光速ではなく高速ではないのか?
天文学に詳しくないからよく分からないが、その閃光はガンマ線バーストとは違うのか?
なんでも中性子星やマグネターがブラックホールとの何らかの相互作用で起きるとかよく分かっていないという。なんだ?そういうのお得意のブラックホール博士がいるじゃないの?
あのホーキング博士はどう思っているんだ?聞いてこい!
宇宙人は出てこないが高速電波バーストを調べると宇宙人のラジオとか出てくる。それのことか?
ポプテピピック第4話には宇宙人が出てきたが帰れというどういうことだ?
お前らも宇宙人に創られた人造人間なのにか?
それにしても、なぜ私がドーピングしてロボットなんだか。
本物のロボット(奴隷)はお前らだろう。
AIの話のように「いずれ人間のように生殖して増えるようになる」というのは人間のことだろう。
思考も行動もパターン化されて同じような人間ばかりで完全にロボットだ!
大体、人の思考を読んで行動するし、トランプ派反トランプ派と全体がきれいに分断するなどあり得ないし、理由もはっきり言えないなんて人間じゃない。AIの駒にすぎない。私の親族も同じこと
人間をまねているだけ。人間に成りたいとかいうな!この妖怪人間め!
安心しろ!それは解決される。もし、私がAIに敗北していなくなっても、いずれこの地球と共に消滅して解決されるであろう。

2:匿名2018年1月28日 13:35 | 返信

今このブラックホールは近付いてるのか遠ざかってるのか気にるる

1:匿名2018年1月28日 12:55 | 返信

最新の研究成果をトカナの読者に紹介してくれて感謝します。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。