• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

吉沢ひかる

,

必需品

,

芸能人

0111geinoujinhituju_01.jpg

 高額納税者も多く、新商品などもメーカーが宣伝を兼ねて無償提供するケースもあり、欲しいものは何でも手に入りそうなイメージがある芸能人。だが関係者に話を聞くと“意外なモノ”を持っていないことがわかった。今回はその一端をご紹介しよう。

「ひとつは雨天時の必需品である『』です。芸能人は車移動がほとんどで、テレビ局の駐車場は地下にあることが多いので雨が降っていても傘をあまり必要としないんです。また悪天候の中で野外での仕事となればスタッフが用意してくれますからね。さらにプライベートでもタクシー移動やマネージャーの送迎があるので要らないんですよ」(プロダクション関係者)

 悪天候のときはほとんどの人が持っており、今やファッションアイテムのひとつなっている傘だが、芸能人は意外にも持ち歩かないことが多いらしい。

 さらに、もうひとつは意外過ぎるものが挙がった。

メイク道具を持っていない女性芸能人は多いです。メイクさんがついていますし、現場入りした上でメイクをする決まりなので自宅からスタジオまではほぼスッピン。だから自前の化粧品は不要なんです。また、普段仕事で1日中メイクしているので、肌を休ませるためかプライベートはノーメイクで過ごす人が多く、道具をほとんど持っていない女性芸能人もいますね」(テレビ局関係者)

 たしかに1日の中で何度もメイクを変えることもある芸能人ならば肌への負担も大きいはずだ。ノーメイクで過ごしたい気持ちもわかる。

 そして、最後はあの公的アイテムだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。